起業

資金1000万円あったら何で起業する?→同じことします!

起業するために1000万円の資金を貯めた場合、何で起業するか?という質問がありました。

私の場合は、

「資金の大小に関わらず、やることは変わらない」

というのが答えです。

 

1000万円あってもやることが変わらない理由

一番大きな理由は、信念や熱意の部分だと思います。

起業して、ビジネスをうまく回すまでに成長させるのはとても大変です。

始めは「お金」や「時間」が欲しくて独立しましたが、その欲求だけでは行動力やモチベーションが足りなくなるくらい大変なんです。

 

だから、自分の中にあるもっとたくさん欲求を明確にして、それらが満たされるような仕事を見つけて取り組まないと、自然に拡大していって目標を達成するようなビジネスはできません。

 

つまり、

「欲求を根拠に仕事を選ぶ時に、自己資金が1000万円あるかないかはあまり関係ない」

ということなんです。

 

やりたい仕事で起業するには資金1000万円必要だとわかり、今自分が1000万円持っていないとしても、それは準備するべき1つの要素なので頑張って用意します。

逆に、今自分が1000万円持っているなら、すでに資金面で準備が整っているだけのことで、他のスキルや実績、人脈などを用意しなければいけないので大変です。

 

また、お金に関しては、スキルや実績を準備する間に一緒にためていくことができますので、あまり気にしなくても良いように思います。

強い信念と熱意を持って計画を進めていれば、出資してくれる人脈に出会うこともあります。

実績があればお金を貸してくれる団体があるかもしれませんしね。

 

なので、資金1000万円があるかないかでやろうとすることは変わりません。

私の場合は「日本中に仕事の選び方を広める」という仕事をしていますから、資金1000万円は使い道すらありませんね(笑)

 

起業するときの仕事の選び方をおさらい

人間の行動の根拠は欲求です。欲求が無ければ人は動きません。

だから、仕事も欲求で決めます。

 

・好きなこと

・興味のあること

・解決したいこと

これらを紙が真っ黒になるくらい、細かく大量に書きだして、そこから欲求を洗い出します。

できるだけ細分化して、具体的で、ニッチな内容になるまで分解して、自分が何を欲しているのかを確認します。

 

また、それぞれの欲求に「十分満足ライン」を設定します。

例えば、月収50万円あればとりあえず十分。ということであればお金に関してはそこを第一の目標にします。

他の欲求にも同じように「十分満足ライン」を設定しておきましょう。

1つの欲求が飛び出して大きくならないように、バランスよく設定するのがコツです。1つが極端に大きくて、それを達成してしまうと成長に支障が出てきますので気を付けてください。

 

最後に、欲求をできるだけ多く満たすことができる仕事を仮定しましょう。

これがあなたの「天職」になります。

大量の欲求が満たされる、ワクワクするような仕事が設定できれば、行動力やモチベーションを高いままキープしつつ、爆発的な行動力で目標を達成していくことができるようになります。

 

メルマガで詳しくやり方を説明しているので、興味があればご登録ください。

 

私は、このように仕事を決めて起業していますので、自己資金がいくらあるかは目標を決める要素にはなっていません。

あとは、1000万円あったら何を外注しようか考えるくらいですかね。人を雇うにも少ないお金ですし、ちょっと使い道が難しいです(笑)

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール