起業

起業したら登記するまで白色申告で突っ走れ!

利益が小さいうちは白色申告で十分。

青色申告は使いません。

利益が大きくなったら登記して税理士に頼みましょう。

白色申告のやり方

白色申告に必要な書類

  1. 確定申告書B
  2. 収支内訳書

どちらも税務署や市区町村の役所でもらえます。

収支内訳書は、「収入-支出=利益」の計算をして記入するだけなのでとても簡単です。

白色申告するために保管しておく書類

  1. レシート&領収書
  2. 金銭出納帳=家計簿に使うものでOK

レシートや領収書は保管しておきます。また、電車賃などの領収書が出ないものは金銭出納帳に記載しておけばOKです。

金銭出納帳は、家計簿に使うものを用意してください。スマホの家計簿アプリで十分です。

ただし、データが消えないように1年ごとに印刷して保管しておくといいですね。

青色申告のように複式簿記の帳簿は不要です。

青色申告との違い

青色申告は特別控除が最大65万円です。

売上から65万円引いて計算することになるので、税金が65万円分少なくなります。

ちなみに、65万円分の税金というのは個人事業主の場合、約3万円~15万円です。

900万円以下の税率で計算、それ以上は法人化した方が税金は安いです。

約3万円~15万円のために複式簿記で記帳して、書類を揃えてと時間と労力をかけるのは無駄です。

だったら、早いところ利益1000万円以上にして、税理士にお願いしてしまいましょう。

起業の知恵袋【初心者用】に戻る

 

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール