仕事

自己分析で好きなことを探しても仕事の役に立たない理由と対処方法

いくら自己分析をして好きなことを把握しても、それが得意じゃなければ仕事にはできません。

得意というのは「他人よりもできる」ということです。

じゃあ、得意なことなら好きじゃないことでも仕事にすべきかというと、それもつまらない人生の始まりになります。

 

大事なのは、好きなことをどうやって得意なことに成長させるか、です。

就活真っただ中の学生さんには悠長な話に聞こえるかもしれませんね(笑)

でも、今後の人生の半分を占める仕事を楽しいものにするためにもぜひ知っておいて欲しいことをまとめたので、どうぞ最後まで読んでいただければと思います。

 

「好きなだけ」「得意なだけ」では良い仕事はできない

私は一時期、ゲーム実況を仕事にしようと頑張っていましたが挫折しました。

今思えば「どうしてゲーム実況を選んだんだろう?」と首をかしげたくなります(笑)

その後、ゲーム実況環境の作り方や、ゲームの攻略についてブログを書いたら成功しました。

 

なぜゲームが好きなのにゲーム実況をしてはいけなかったのか、なぜブログだと上手くいったのかをお話していきたいと思います。

 

仕事にできるのは「得意なこと」

私はゲームが大好きなのですが、小さな頃から「ゲームはやりすぎちゃダメ」と育てられました。

なので、好きだけど得意じゃない状態だったんですね。普通のレベル。

ゲーム実況というのは、うまいプレイを見せたり、面白いトークをしたりして人を集めるのが仕事なのですが、私はどちらも得意じゃありませんでした。

 

どんなに好きでも、得意じゃなければ仕事にはならないんです。

好きなことを仕事にしたいのであればここを明確に理解しておかないといけません。

 

ちなみに、何かを一般人より得意になれれば好きじゃなくてもお金は稼げます。

適当に仕事を選んで就職したことがある人はわかると思いますが、強制的に仕事をさせられれば好きじゃなくても一般人よりは得意になります。

 

自己分析で陥る「好きだけど、得意じゃない」の連続

自己分析をして好きなことを洗い出してみると「ゲームは好きだけど他人より得意ではない」というようなことばっかりです。

好きだけど、得意じゃない。

 

なぜこんなことが起こるかと言うと、あなたが好きなことのほとんどはみんなも好きだからです。

多くの人が好きなことというのは一般人の平均レベルが高いです。趣味なのにそこまでやる?って人がいっぱいいます。

ゲームなんか特にそうですよね。

 

でも、他人よりも優れていないと、得意とは言えないので仕事になりにくいです。

自己分析をして好きなことを洗い出すとここで躓きます。

「好きだけど、仕事になる気がしない…」

好きなことを仕事にするのが難しい原因ですね。

 

「得意だけど、好きじゃない」が仕事になったら人生最悪

私は運送業で起業して、ちょっとした成功をしました。

はっきり言って、知識や経験からすると運送業の仕事は得意です。

 

だけど、好きな仕事ではありません(笑)

人を管理したり、現場に出たり…本当に苦痛です。

でも、得意なので仕事になっています。

 

こういうことがサラリーマンでもよく起こります。

やりたいことが無いから、雇ってもらえて給料がある程度もらえる会社を選んで就職。

会社勤めだと強制的にやらされるので、好きじゃなくても一般人より仕事が得意になりますよね。

 

そこまではいいのですが、一度得意になってしまった仕事はお金がもらえるので辞めにくくなります。

やらされ仕事で「得意だけど、好きじゃない」が老人になるまで続くのです。

そんな人生、私は嫌です。

得意じゃないと仕事にはならないけど、好きなことをちゃんと選ばないともっと悲惨なことになるんですよね。

 

【結論】自己分析で好きなことを見つけて、得意になるまで磨け

ちょっと早いんですが解決策をお伝えすると、

「好きなことを選んで、得意になろう」

ということになります。

今好きなことの中に得意なことが無いなら、得意になるまで磨くしか方法はありません。

 

…まぁ、来年、再来年就職予定の学生には悠長な話に聞こえるかもしれませんが、そこもしっかり対策がありますから最後まで読んでください。

先に結論をお伝えしておくと、自己分析は好きなことを見つけられればOKです。

 

「収入になる仕組み」と「中身」の考え方

「自分が好きだと思ってることなんて、お金になるはずが無い…」と悩んでいる場合もあると思います。

ここでは、どんな好きなことでも仕事になるということを証明したいと思います。

 

仕事は「収入になる仕組み」と、その「中身」で作られています。

「収入になる仕組み」+「中身」=「仕事」

ですね。これが理解できると、どんなことでも仕事になる理由が分かります。

 

「収入になる仕組み」とは

収入になる仕組みというのは例えば…

  • サラリーマン
  • YouTube
  • ブログ
  • お店

などなど、お金が得られる環境のことです。

 

例えば芸人さんは、昭和の時代は「テレビ出演」が稼ぎやすかったけど、今では「YouTube」の方が稼ぎやすい仕組みになってきました。

以前は「紙の書籍」しかありませんでしたが、最近は「電子書籍」も一般的になりましたね。

「サラリーマン」も収入になる仕組みの一つです。就職してお金を得るという形ですが、今では個人で稼ぐ人がとても増えました。

 

このように時代によって稼ぎやすい仕組みが変わっていきます。

しかし、これらの仕組みを使って何をやるかは、根本的に変わっていません。

 

その仕組みの「中身」とは

何をやるか、というのが「中身」です。

この中身こそ、好きなことができる部分になります。

 

人を笑わせる仕事の「お笑い芸人」は中身です。

「お笑い芸人」という中身を、「YouTube」という仕組みに入れたりしますね。

※最近、キングコング梶原さんが運営している「カジサック」というYouTubeチャンネルにはまっています(笑)

中身は時代が変わっても、内容が大きく変わることはありません。

 

仕組みは限られるけど、中身は自由!

このように、時代とともに「収入になる仕組み」は変わりますが、仕組みの中でやること=「中身」は大きく変わることはありません。

だから、好きなことを早いうちに見つけて、他人よりも得意な状態を作ることに専念してください。

ここからは、好きなことを見つけて仕事にするまでの手順をご紹介していきます。

 

自己分析から好きなことを仕事にする手順

自己分析をして好きなことを洗い出し、仕事にするまでの手順を解説していきます。

大きな流れとしては特別なことはしませんが、「③好きなことを得意になれるか自己分析をする」という部分がちょっと複雑なので後にまとめて書いておきました。

ざっと読んだら実際にやってみてください。

 

①好きなことを洗い出す

まずは、あなたが好きだと感じることを洗い出します。

思いついたらメモをする感じで、すぐに終わらせようとせず1ヶ月、2か月かけてみてください。

 

もし好きだと思えることが見つからない場合は、時間つぶしだったり、やるべきことがあるのに「逃げ」でやってしまうことってありませんか?

そういうのを好きと言っていいんです。

ストレスを発散したり、逃げで使うくらいに好きなことですから。

 

②仕事にしたいことを抜き出す

次に、需要とか考えずに仕事になったらいいなと思うものをいくつか抜き出します。

仕事にならなそうなことでも、それが仕事になったら最高!と思えることはピックアップしてください。

 

良くある間違いは「映画を観るのが好き」なのに映画制作の仕事に就こうとしてしまうパターンです。

「映画を観る」と「映画を制作する」はまったく別物です。

映画を観るのが好きなら、それをそのままピックアップしましょう。

 

③仮定した仕事を得意になれるかどうかの自己分析をする

ここは少し難しいので、詳しいやり方は下の方にまとめておきます。

自分の適性や限界を正しく理解して、得意になれるかどうかを考えます。

実際やってみたら苦手ってことはよくあるんですよね。

 

例えば、ゲーム好きだからゲーム実況やってみたけど、トークが苦手で、ちょっとアンチなコメントもらうだけで凹むとか…。

私の場合トークやコメントを受け取ることは苦手だったわけです。

一方ブログについては、文章を書くこと、調べること、説明することが好きだったようで得意になりました。

 

④1年間できるだけ時間を使って「得意」にする

やることが決まったら、徹底的に好きなことをする時間を作りましょう。

時間を作らないと得意(=他人よりもできる)になれません。

とりあえず、現段階でもうすぐ就職しないといけないということなら、労働時間の少ない会社を選ぶといいです。

 

ちなみに、本当に好きなことであれば1年あれば一般人よりも得意になるのは容易です。

頑張れない、やらなきゃいけないと考えるようなら、それは好きなことではないので変えましょう。

 

⑤仕事にする

一般人の中には探しても滅多にいないくらいの能力、知識を身につけたら仕事にできます。

転職して就職しなおしてもいいし、独立してもちゃんと稼げるはずです。

 

仕事にするためには、「収入になる仕組み」を学ぶ必要があります。

どんな媒体を使っても良いですが、そこは勉強だったり、努力が必要な部分なので、我慢して頑張ってください。

サラリーマンでも、YouTuberでも同じです。仕組みを知らなければ稼げません。

 

仮定した仕事を得意になれるかどうかの自己分析

先述した「③仮定した仕事を得意になれるかどうかの自己分析」のやり方です。

 

①今現在の限界を正しく理解する

「きっとできる!」「頑張る」で進めるのが一番ダメです。

まずは、現状どれくらいできるのかを正しく理解しておきましょう。

能力、知識、できること、足りないもの…わかる限りで紙に書き出しましょう。

そして、業界トップの人と比べてみるとどれだけの違いがあるかが明確になります。

 

②能力を伸ばせる実感と、成長スピードを理解する

能力を伸ばすには、実際にやっていて「楽しい」「気持ちいい」と思えるのが一番大事です。

それが「好きなこと」です。

長時間取り組むことができるか、辛い気持ちになったりストレスを感じないかということを意識してみてください。

成長する場合は、他人から努力・苦行と見えることを平気でこなせます。

 

私は昔からバンドのバンプオブチキンが好きで、ボーカルの藤原さんみたいになりたいと思ってました。

歌を練習したり、ギターを練習しましたが、結構辛かったんですね。

しかも、人前に立つのが嫌いでした(笑)

憧れていただけで、自分がやって好きなことでは無かったわけです。

※ベースやドラムだとずっとやってられますので、そっちが本当の好きなことなんでしょうね

 

どんなに辛くても「頑張ればできるはず!」と変な努力をしてしまう場合があります。

しかし、辛い時点でそれはあんまり好きなことではないと思います。

苦手を克服しようとしないでください、それは好きなことじゃありません。

 

「できる・できない」じゃなくて、「やりたい・やりたくない」で考えていきましょう。

基本的に長時間取り組めるものは能力が伸びるスピードも早いです。

やってて気持ちがいいこと、長時間取り組めることが成長スピードを上げてくれます。

 

③将来の限界を予測する

1ヶ月以上取り組んでみて、今後自分がどんな成長をしそうか予測してみましょう。

1年で得意になれるかどうか。

3年後どれくらい成長しているか。

10年経ったらどんな人になっているか。

 

今やっていても楽しくないし、辛いし、成長する気がしない!ということであれば、それはだいたい予想通りになります。

成長する気がしなくても毎日長時間取り組めることなら、3年経てば何か変わるだろうなと感じることができるはずです。

 

「憧れ」と「好きなこと」を混同しない

ひとつ注意点がありまして、好きなことと混同しやすいのが「憧れ」です。

憧れてるだけで、実際やってみると楽しくないことっていうのがあります。

 

「あんなふうになりたい!」だけど「やりたくない」だったら自力で得意になることはできません。

会社とか、強制的な環境で取り組んでいればできるようになりますが…

無理して強制的な環境に行けば、「得意だけど、好きじゃない」最悪の人生の始まりです(笑)

 

どんなに憧れても「あの人みたいになりたい」という動機で仕事を決めるべきではありません。

実際の仕事ややることが好きで、やっていて楽しくて、長時間取り組めるというところに本物の「好き」という気持ちがあります。

憧れは眺めるだけにしておきましょう。

そもそも、自分とはかけ離れているから憧れる場合が多いですからね。

 

目の前の就活のためだけに自己分析をしないで!

自己分析をして、好きなことを仕事にするための手順をお話してきました。

自己分析というと就活生が調べるような内容だと思いますが、目先の就職のためだけに自己分析をしないようにしてください。

 

ここから40年の自分の価値を考える

この記事を読んでいる人は、1~2年後に就職するために自己分析をしている方が多いと思います。

目先の就職にとどまる話ではありません。今後40年間、お金を稼ぐための武器を探していると思ってください。

 

時間が経てば社会は変わり、稼ぐための仕組みも変わります。

しかし、好きなことややりたいこと自体は変わりません。

新しくできていく稼ぐ仕組みに、あなたの好きなことの知識やスキルを当てはめて、価値を提供できれば生活に困ることは無いでしょう。

どんなことが好きなのかを把握して、それをどう社会に活かすかを考えてみてください。

 

好きなことが無いなら労働時間の少ない会社に就職して生活費を下げよう

もし好きなことの中に仕事にできそうなことが無いなら労働時間の少ない会社にとりあえず就職すればいいです。

できるだけ生活費を下げれば、もっと働く時間を減らすことができます。

空いた時間で好きなことに取り組んで、得意になるまでやりましょう。

 

私が独立する前は、1日の労働時間が7.5時間、残業ほぼ0の会社に勤めていたので独立する準備ができました。

どうにかして好きなことが得意になるまでの時間を作り、1年で一気に駆け上がりましょう!

 

限界を見誤らないためにやること

夢や目標を持って活動しているのに結果が出ない場合、限界を見誤っていることが多いです。

限界の見誤り方には2パターンあります。

・できないことをできると思い込む

・できることをできないと思い込む

 

前者は「やればできるはず!」と頑張るタイプです。

現状、何ができて何がたりないのかを把握しないで突っ走ります。

いつまで経っても理想に近づけず、好きなことをしているはずなのに嫌いになってしまったなんて結末にもなりかねません。

 

後者は「無理だろうな…」とはじめから諦めるタイプです。

このタイプはやり始めたらあんまり問題ないのですが、挑戦自体しないで終わる可能性があるので注意してください。

まずは趣味のつもりで始めてみてください。

 

本当に好きなことなら生活に必要なレベルは稼げるようになる

私がゲーム実況を仕事にしようとして失敗したのは、

ゲームが好き!⇒ゲーム実況やってみた⇒トークやコメントの返しが苦痛…

ということで、本当に好きなことじゃなかったからです。

面白いトークができる人に憧れてたんですね。

※ちなみゲーム実況だと、タイショウさん、わいわいさんが好きです

 

そして、

ゲームが好き!+文章書くのが好き!⇒ゲームのブログ

ということで成功しました。

「収入になる仕組み」がブログ、「中身」がゲーム、なので仕事の方程式にも当てはまりますね。

 

このように、仕事が好きなことで構成されていれば、時間はかかっても得意になれるので成功します。

才能やセンスみたいなものも収入には影響すると思いますが、本当に好きなことを仕事にすれば生活に困ることはないでしょう。

時代に合った「収入になる仕組み」を学んでおく必要はあります。

ただ、サラリーマンになって給料がもらえるという道がある以上、好きなことを仕事にして生活十分に稼ぐことはできると断言できます。

 

というわけで今回はここまでです!

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール