仕事

結果を出し続ける人の「直列・並列思考」と欲求の関係

結果を出し続ける人になるための記事です。

特に、

・何をやっても人より早く平均以上にできるようになるのに、結果が出るまで続けられない

・何をやっても進みが遅くて、結果が出るまでに時間がかかりすぎる

という人に大きな効果があると思います。仕事を選ぶ際や、今の仕事が自分に合っているかを考えることに役立つはずです。

 

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

直列思考型行動と並列思考型行動

仕事に関するサイトなので、仕事に絡めて話します。

行動を選択するときに、1つの欲求に対して1つの行動を起こしていくことを「直列思考型行動」と呼んでいます。

逆に、複数の欲求を1つの行動で満たそうとすることを「並列思考型行動」と呼んでいます。

それぞれを詳しく解説していきます。

 

直列思考型行動をとる人の特徴

直列思考型行動で仕事をする人は「これが好きだからこの仕事」「これに興味があるからこの仕事」というように、1つの欲求にフォーカスして仕事を選びます。

このタイプは、

・集中力が高く、何をやっても人より早く平均以上にできる

という特徴があります。行動自体を楽しいと感じると一気に集中力が増していき、誰よりも早く仕事ができるようになります。

 

しかし、

・その他の欲求が犠牲になる

というデメリットがあります。1つの行動で満たされる欲求がたった1つなので、その他の欲求が犠牲になり色々と問題が発生します。

 

直列思考型行動タイプの人は2つに分けられ、

・その他の欲求を犠牲にしていることに気づかない人

・その他の欲求を犠牲にしていることに気づく人

がいます。

 

欲求を犠牲にしていることに気づかない人は、1つの欲に集中して行動し、しかもその他の欲を犠牲にしていることにも気づかない(あるいは、犠牲を容認している)ので、誰よりもその欲を大きく満たします。

自分にとって必要十分な量を越えても止まることが無く、誰かと比べたりして1番にならないと気が済まない状態になることもあります。

スティーブジョブズがそうですね。死ぬ間際に「一生分のお金を稼いだら、趣味とか家族とか他のことに時間を使ったほうがいい」と言って死んでいきました。

何兆円もの資産を持ったまま、思いでや愛情しかあの世には持っていけないと言ったそうです。

 

逆に、欲求を犠牲にしていることに気づく人は、自分にとって人生に足りていないものを把握できているため、1つの行動に対する行動力とモチベーションが低下します。

そのため、何をしても結果が出る前に他のことに目移りして、途中でやめてしまうことになります。

図には「挫折」と書きましたが、挫折とは少し違いますね。まだまだできるとは思っているけど、他が気になるから次へ、という感じです。

 

具体的には、

「お金が必要だ!」と感じたら、初任給の高い不動産や車などの営業職に魅力を感じ、ある程度の成果を出し、

「やっぱりやりがいとか楽しさが必要だ!」と感じたら、自分の趣味や楽しいことを仕事にして、ある程度の成果を出しますが、

この目移りを何度も繰り返すため、長く1つの職場に就くことができず、転々とした人生を送りやすい傾向にあるということです。

 

あなたが犠牲に気づかないタイプなら、自分が満足できる結果を出した後は目標と行動を変えて、1つずつ欲を満たしていけばいいと思います。

「並列思考型行動」と違って、いろんなことをすることになりますので、周りからはあまり良い印象は受けませんが、結果を出していればそれなりに人気もお金も集め、人生としては楽しくなるでしょう。

キングコングの西野さんや、ホリエモンを見ていると直列思考型よりだけど並列思考を少し取り入れて、うまくバランスを取っててすごいなぁと思います。

 

犠牲に気づくタイプなら、すぐに「並列思考型行動」に切り替えてください。あなたにとって大事なことが見つかるはずです。

 

並列思考型行動

・1つの行動でできるだけ多く欲求を満たそうとする

・バランス調整が難しいので目標を達成するスピードは遅いが、1つの行動に対する結果は大きくなる傾向がある

 

自分の中の欲求をできるだけ多く達成する1つの行動を見出す人です。理想的な最終目的地に向かってのんびり楽しみながらやってく人が多いです。

これさえ達成できれば人生最高!という目標ができるので、行動を大きく変えることもありません。

犠牲にする欲求が少ないので、目標地点に到達するための準備すら楽しく感じるようになって行動力とモチベーションを高いまま維持することができます。

 

考えて行動する人なら、「並列思考型行動」で仕事を決めて行くことをおすすめします。

できるだけ多くの欲求が達成できる1つの目標に向かって進むことで、仕事を大きく変えることなく、積み重ねている実感を持ちながら成長していくことができます。

 

問題点としては、満たしたい欲求が少なかったり、明確でなかったり、小さすぎると、行動力が激減することです。

まぁ、就職して生活するのに十分なお金を稼いで、とりあえず不満は少ないという状態になれれば良いという考えもありだとは思います。

ただ、素晴らしい能力や特徴を持っている人がそこで止まると「もったいないなぁ」と思ったりもします。

 

欲求が無いという人は意外と少なく、自分の行動に見合った欲求に無意識に絞ってしまっている人が多いように感じます。

細かく大量に欲求を書き出すと、自然に行動力が出てくるので、ぜひ一度欲求を書き出してみてください。

やり方はメルマガでご紹介してますので、ご興味があれば登録してください。

 

まとめ

「直列思考型+気づかない」状態で結果を出し続けて、途中で並列思考の重要性に気づく人も多いですね。

お金や名声に対して目がギラギラしている印象があったのに30代~40代でいきなり温和になるような人です。

 

逆に、「直列思考型+気づいてしまう」状態で、全く結果を出していなかった人が並列思考型に変化するのはあまり聞いたことがありません。

このタイプはかなり深く傷を負ってしまうことが多く、立ち直るのが難しいです。

私もこのタイプでしたが、考えることで2つのタイプがあることを知り、並列思考型に変えることで一気に行動力と継続力が身に付きました。

 

「並列思考型行動」は誰も教えてくれないだけで、一度知ってしまえば意識するだけで身に付きます。

並列思考をする方が明らかに人生が楽しくなるので、体が勝手に行動を起こし始めて、いつの間にかいつでも並列思考ができるようになります。

 

重要なのは自分の欲求です。細かくたくさん書いて、明確にしておき、それらができるだけ多く手に入る仕事を選べば大きな結果を残すことができるはずです。

頑張ってください^^

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール