起業

資金ほぼ0!1人で起業して1年で年収1,000万円の事業を作る手順

今回は起業の手順ということで、年収1,000万円くらい出せる事業を1年で作る手順を紹介したい思います。

 

はじめて起業する人用の手順で、できるだけお金がかからないように作ってみました。

一応、選択肢を網羅的に出してみて(抽象的ではあるけども)、その中からこれが一番良いだろうという行動や手段を選んでみました。

 

①仕事選び

②商品開発

③セールス導線づくり

④マーケティング(集客)

 

これが起業の大まかな手順です。

それぞれの項目において、いくつかの効果的な手法がありますが、今回はお金をかけずに自分が作業することでこの仕組みを作る方法をお伝えします。

 

これから起業する人にとっては信じられないかもしれませんが、この4つの工程を成功させれば収入が発生する仕組みを作ることができます。

1人で、ほぼ資金0から始めて、今からできることをかなり具体的に説明するので、この記事を読んだらすぐに実行してみてください。

 

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

起業の手順⓪:全体像を把握しよう

他の記事で使った画像ですが、こちらをご覧ください。

これが年収1,000万円の図です。

いろんなビジネスモデルがありますが、最低限の知識量で、しかも資金が無い状態からのスタートならこれがいいでしょう。

ブログで10万アクセス集めて、1%の1,000人がLP(商品紹介&購入ページ)を見て、10%の100人が1万円の商品を購入して、月収100万円達成です。

 

ちなみに、このビジネスモデルで1億円くらいなら目指せます。

今回は手順ですが、起業するために必要なスキルや知識をまとめた記事があるので、ぜひそちらもご覧ください。

年収1,000万円稼ぐ起業モデルとそれを1億まで伸ばす方法

 

さて、この仕組みを作るための手順を見ていきましょう!

 

起業の手順①:仕事選び

この工程で失敗すると「挫折」します。90%以上の人がここで失敗している状態で②以降に進んでしまうので、起業は9割以上失敗するなんて言われています。

ほとんどの場合「起業したい」と思った理由が、「お金が欲しい」「他人から認められたい」という欲求のみからきているため、実際に価値提供や貢献を行おうとしても何をやったらいいかわからないからです。

 

「儲かるなら何でもいい」「稼げるなら何でもする」という考え方で「何でもいい」「何でもする」という部分を自分の意志で決めないため、実行段階に入るとやる気なくなって挫折します。

 

具体的には、

「誰でも稼げるらしいので、アフィリエイトをやってみよう」

「たくさん儲かるらしいから、ネットワークビジネスをやってみよう」

というような仕事の選び方です。

 

理想的な仕事の選び方は、もっと自分のことを知って、わがままになって選ぶ方法です。

自分の欲求を把握して、大量の欲求を仕事を通して満たすことができる方が、仕事に対して集中して取り組むことができるので成功しやすくなります。

 

・今まで生きてきた中で、集中して1年以上取り組んだこと

・好きでコレクションをしたり、積極的にかかわってきたこと

・これからやってみたいと思っていること

・解決したい問題や、改善したいと思っていること

これらを全部書き出して、できるだけ多く満たすことができる仕事を自分で作るつもりで選びましょう。

 

コツは既存の仕事をベースに、自分のためにカスタマイズすることです。

はじめは方向性だけでも構いません。

「だいたいこんな感じの仕事かな」程度でOKです。

お客さんと関わりながら最適な仕事を見つけていくつもりで、ガンガン進めていきましょう。

 

「儲かるなら何でもいい」「稼げるなら何でもする」という考え方で仕事を決めるのはやめましょう。

すぐにやる気がなくなって、成功も失敗もせず成長すらできません。

最後までやり遂げたくなるような計画をたてて、自分にとってやりがいある仕事を選んでください。

 

起業の手順②:商品開発

いろんなアイディアがあるのはいいことですし、やりたいこともあるとは思いますが、

・資金が無い

・実績が無い

という条件下での商品(サービス)は、何かの「コーチング」や「指導」が良いでしょう。

モノづくり(WEBサイト作ったり、デザインしたり、その他作るもの)なんかもいいですね。

一人でやるなら、できるだけ提供に時間がかからないものを選ぶと良いです。

PDFで書籍を作って販売したり、動画を撮影して動画教材として販売したりすれば、一度作ってしまえば提供まで自動化できるので、マーケティングに集中することができます。

 

先にお伝えしておきたいのは、「起業には種類がある」ということです。

 

メディアで取り上げられて、世界的に有名になるような起業というのは「スタートアップ」という種類の起業です。

高い技術力を持ち、大きな課題に取り組み、現在ある商品やサービスの前提をひっくり返すような新しい製品で世界を変えるようなやり方です。

投資家から資金援助を受け、2~7人程度で一気に立ち上げます。

資金が尽きる前に社会の常識を塗り替えるようなものを作り、しかも広めないといけないので、とにかく大変です。

スタートアップは今までに無いものを作りますので、個人の人生に基づいたアイディアが必要になります。

 

一方、ここで説明している起業は「スモールビジネス」です。

しかも、スモールビジネスの中でも年商2,000万円、利益1,000万円以上を狙うような、超スモールビジネスです。

言ってしまえばフリーランスや個人事業に毛が生えた程度のものです。

アイディアはいりません。すでにあるビジネスをそのままやっても達成できるような数字なんです。

この視点を持って起業に臨めば、気分も楽ですし、まずはできると思えるような思考になれるはずです。

そして、①仕事選びで見つけた仕事に取り組めば、自分の欲求をもとにした、自分だけのビジネスを立ち上げることができますので、他社との棲み分けもできて成功しやすくなります。

 

商品の作り方ですが、コツは

ドラえもんの秘密道具を作るつもりで商品概要を作成する

というのが、成功を引き寄せます。

 

例えば、「WEBサイトの作成方法を動画で教える」というビジネスを始める場合に、「WEBサイトの作り方の動画教材」という名目ではちょっと売れませんね。

もし、ドラえもんの四次元ポケットから出てくるとしたらどんな動画教材が出てくるでしょうか。

・毎月10万人の人が見てくれるWEBサイト

・商品が自動的に売れていくWEBサイト

・商品の提供までやってくれるWEBサイト

・お客さんが口コミを起こしてくれるWEBサイト

などなど、こんなWEBサイト作りの動画教材があったらいいのになぁと思うことを盛り込んでいきましょう。

 

この段階では、自分にそれが作れるかどうかは考えません。

これがあったらいいなぁと思うことをとにかく書き出していきましょう。

 

また、業界知識があったほうが商品概要の質が上がります。

何も知らない状態で「こんなものがあったらいいのになぁ」を考えても、実はすでにあったりします(笑)

その業界に何があって、何が無いのかくらいは知っておかないと商売になりません。

 

極端に言えば、「洗濯をぜんぶ自動で、ボタン一発で、脱水までやってくれるような機械があったらいいのになぁ」って考えてもしょうがないですよね。

洗濯機があるのに、洗濯機の構想をしてもあまり意味はありません。

業界知識を知っていれば、

「洗濯機が干すところまで自動でやってくれたらいいのになぁ」

くらいは考えられるでしょう。※この段階では技術は関係なしです。

 

商品の構想が書き出せたら、自分ができそうなことを実現して商品化しましょう。

私の場合は、このブログで言うとメルマガが商品になっています。※無料です

起業のやり方を教えていますが、「精神カウンセリングがついた起業方法」という側面があります。

自分のことを知って、楽しくやりがいのある仕事を選んで、それから起業して、やる気やモチベーションを高めた状態で長く取り組む方法を教えています。

 

今できないことはやらなくていいです。

これから勉強したり、スキルをつけて実現していけばいいし、資金が潤沢になったら人を雇って開発してもいいでしょう。

商品概要から今できることを実装して商品化していきましょう。

 

起業の手順③:セールス導線づくり

セールス導線というのは、お客さんがたどる商品購入までの道筋を作るということです。

導線には以下のようなものがあります。

 

・LP(ランディングページ)→商品の説明が書いてあるページです。このページで商品を購入することもできるようにします。

・メルマガ→商品の販売(LP)の前にメルマガで信頼関係を作ります。お客さんのためになる情報を提供したり、質問や相談などのコミュニケーションをとったりします。

・固定ページ→WEBサイトで見ることができるページを作成して信頼関係を作ります。お客さんのためになる情報などを掲載し、価値を提供します。

 

はじめての場合はLPだけで十分です。

商品の説明を魅力的に書いて、商品が購入できる状態にしましょう。

商品の購入は現金なら銀行振込、クレジットカードならpaypalが良いでしょう。

 

paypalですが、クレジットカード決済の代行会社でかなり普及してきています。

ほとんどのカードが利用可能です。

決済のリンクを作成でき、ボタンの画像にリンクをつけるだけで使えるようになります。

 

基本的にはコピーライティングの知識とスキルを身につければLPは書けます。

はじめから書けるというのは特殊な人だけだと思いますので、他の上手く行っている企業のLPを参考に、マネして書いてみましょう。

 

練習方法ですが、いい感じのLPを表示して画面左に表示させておきます。

メモ帳を画面右に表示します。

ひたすら丸写しでタイピングします(笑)

これだけで書けるようになりますが、効果を高めたいなら、どんな流れになっているかを意識して写してください。

これを写経と言いますが、私の場合は20万文字やったら書けるようになりました。

ぜひやってみてください!(と言われてやる人は少ないので、やるとビジネスチャンスが広がりますよ笑)

 

起業の手順④:マーケティング

さぁ、シメですね。マーケティングということで、集客をしていきます。

商品があって、販売導線がありますので、そこにお客さんが集まってきたら、商品は一定の確率で売れていきます。

集客をして売れない場合は、

・LPが悪い

・商品が悪い

ということになりますので、1からやり直しということになりますが…

 

ここまでやり切ることが重要です。

一人でここまで全部をやりきるのは、初めての人にとってはかなり大変なことだと思います。

しかし、やり切れば「失敗」を経験することができます。

この「失敗」を重ねることを「テストマーケティング」と呼び、事業を成功させるために必ず通る道です。

※厳密には違いますが(笑)これくらいの気持ちでやったほうが精神的に楽です。

 

ネットでの集客は、

・WEB広告

・コンテンツマーケティング

とありますが、資金がないうちはコンテンツマーケティングをやりましょう。

 

コンテンツマーケティングとは、簡単に言えばブログです。

お客さんのためになる記事を書くことでアクセスを呼び込みます。

記事の内容が良ければGoogleが自動的に判定して、検索の上位に表示してくれます。

良い記事を書くには読者さんの気持ちを汲み取って悩みを解決してあげる意識を持つことと、SEOの知識を学んでください。

 

まとめ

というわけで、起業するときの手順はご説明しましたし、冒頭で必要なスキルや知識についての記事も紹介しました。

あとはやるだけの状態になっているはずです。

ここまで来て、「起業したい」という欲求があって、それでも考えて行動をしないとなると私と一緒になってしまいます(笑)

 

計画を立てたら、やりきるまで考えないことが重要です。

特にこのブログを読んでいる方は内向的で、刺激に弱く不安を感じやすい方が多いと思います。

しっかり休息を取りながら、行動を進めて、行動をしているときは考えないで作業をやりきるということを意識して進めましょう。

 

計画をやり通さなければ、テストは終わりません。

テストをしてもわかるのは「失敗」と、改善点のみです。

しかし、何度も繰り返すと、いつの間にか結果が出てきて、成功を迎えることになります。

行動しましょう^^

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール