お金

お金の稼ぎ方はいくらでもあるけど、稼げる人が少ない理由と対策

この記事は独立や副業で、今の生活を変えようという目的でお金の稼ぎ方を探している場合に読んで欲しい内容になっています。

一度「お金 稼ぎ方」とか「お金 稼ぐ」などで検索してもらうとわかりますが、お金の稼ぎ方は無数にあります。

 

しかし、十分生活できるほど自力で稼げている人は少ないです。

 

稼ぐ方法は、アフィリエイトや広告、ヤフオクやメルカリ、転売やアウトソーシング系などいろいろありますね。

稼ぎやすさに違いはあっても、どれもちゃんと稼げる仕事です。

 

何でほとんどの人が稼げないのかというと、挫折してしまうからですね。

十分稼げるだけの作業量を確保する前に、面倒だったり、やる気がなくなって辞めてしまいます。

 

あと、これは個人的な願いですが、せっかくなら自分にとって価値のある仕事を選んで欲しいですね。

お金が欲しさに行動しても継続できれば稼げます

でも、やるなら一生かけて人に自慢できるような仕事をしてほしいなぁって思ってます。

 

ということで今回は、「お金が稼げるようになるまで行動を継続する方法」と、おまけで「一生かけて自慢できるような仕事を選ぶ方法」についてお話します。

 

稼げない人の心理【スタートから挫折まで】

稼げない人の感情とか心理を、言葉で可視化しようというコーナーです(笑)

当てはまるようならこの記事を最後まで読むと、たぶん色んな気づきがあると思います。

 

稼げない人の感情の移り変わりは以下です。

  1. おぉ!そんなに稼げるのか!ほんとかな?すごいなぁ
  2. 自分もやってみよう、頑張ろう!!
  3. 死ぬ気で頑張って早く大きな結果を出そう!!
  4. ちょっと難しい部分や辛いところがあるけど我慢!
  5. まだ結果が出ないなぁ…でも楽しいところもあるしやろう
  6. 全然結果出ない。やり方間違ってるかな?何かおかしいかな?
  7. やりたくない…どうしても、やりたくない…
  8. 挫折

ここまで最長で3か月1週間程度で挫折まで行く人もいます。

 

はじめはすごいやる気で一気に行動を開始して、すぐに結果が出ないことがわかると正しくできてるかが心配になって、自信がなくなると一気にやりたくなくなって、どうあがいても行動できなくなります。

やる気の出し方を学び始めたりしたらもう迷宮入り、絶対に行動できません(笑)

 

まず、やる気をもとに行動するのをやめてください。

 

人間って省エネで行動できるからここまで発展してきているって前提がありまして、死ぬ気でやろうとすると「死ぬかもしれない」と身体が自動的にストップする仕組みになってます。

だから、本気にならない人が成功しやすいんです^^

継続する方法については別記事で詳しく説明しているので読んでみてください→人生がつまらないと感じる時は「自分に甘く」で全て解決できる

 

お金を稼ぎたいなら捨てた方がいい感情

「お金を稼ぎたい!」と考えて行動を始めると湧いてくるよくある感情についてお話します。

 

以下のように思ったことはありませんか?

「頑張って」・「すぐに」・「他人よりも」…稼ぎたい。

この3つの感情は捨てた方がいいです。

 

「頑張って」については、頑張らなくてもお金は稼ぐことができます

必要な作業をするだけですからね。

逆に「辛い」「嫌だ」を頑張って乗り越えていたら、行動自体を嫌いになってストレスが一定以上になったらまったく行動できなくなります。

 

「すぐに」ですが、お金を稼ぐために必要な作業量はかなり多いです。

なので、毎日少しずつやることでストレスを感じない工夫をしながら進めます。

1年に1回大掃除しかしない場合は「大変だなぁ」と思いますが、毎日ちょこちょこ掃除していると何も感じません。

「すぐに」稼ぎたいと思ってしまう人ほど、すぐに挫折します。それは1年に1回の大掃除を、毎日続けるぞ!と言っているようなものです。

結果がでるまでの期間を延ばすことで、ちょこちょこ作業を進め「気づいたら結果が出ていた!」というくらい行動に対する意識を薄くする人が結果の出やすい人です。

 

「他人よりも」という感情は、自分には無理なノルマや課題を与えるきっかけになります。

毎日腹筋300回やってるスポーツマンと自分を比べて、「自分もあの人みたいになりたいから300回やるぞっ!」と思っても続けられませんね。

人間には「ストレス耐性」というものがあり、耐えられる限界が存在します。

行動を継続することでストレス耐性が上がっていきますが、最初は何もできないに等しいところから始まります。

他人よりも上に行くことを優先して行動を決めると挫折の原因になります。

 

これら3つの感情の捨て方ですが、自分に甘くなることで解決できます。

具体的には、自分に課したノルマやルールを「辛い」「嫌だ」と感じない程度までゆるくします。

そして、ちょっとでも嫌な感情が湧いたら行動をやめてください。たとえノルマを達成していなくてもやめるようにします。

それで続けます。というか「辛い」「嫌だ」と感じない程度で進めていくので、やめる理由が生まれません

 

ずっと続けられます。

ちょっとずつでも長く続ければ、いつか必ず結果が出ます

しかも、行動を嫌いにならないので、目標を達成してもさらに上を目指せます

 

自分に甘い人の方が大きな結果を残せるんです。

頑張ってはダメです。

自分にとっての限界を知り、自分に合った行動の量と質で、楽しめる範囲でできることをやる。

 

続ければ結果は出ます。だから、焦らない、頑張らない。

3年かけて大きく稼げるようになりましょう^^

 

よくあるお金が稼げる人の嘘

これは私の体感で、統計があるわけではないんですけど、稼げる人の大半は稼げるようになった本当の理由を知りません(笑)

というか、もともと稼げる要素を持っている人が、稼ぐ目標を立てたら実現できたという感じがほとんどです。

たくさん勉強したとか、アイディアとか、仲間の協力がとか…、全部嘘です(笑)

 

だから、稼げない人と自分のどこに差があるかを把握している人は少ないです。

稼ぐためのセミナーを受けても、稼げるようになる人が少ないのもそのせいですね。

 

それを前提に、経営者の名言なんかを見てみるとですね、色々うそっぽいことというか、誇張表現が多いことに気づきます。

「必死で働けば成功する」的な名言があります。具体的な名前は伏せますけど、ラーメン的な人です(笑)

 

でも、その人にとっての「必死」は、もしかしたらあなたにとっての「らくちん」くらいの可能性があるんです。

だからその経営者は「必死」なつもりだったけど、人間の身体的にはあんまりストレスがかかっていなかったから長く続けることができて成功した、というのが私の見解です(笑)

 

だいたい経営者とか成功者は、感情が敏感(これも自分に甘くなれる要素)なので、ちょっとストレスがかかると「あぁあああああしんどい!!」ってなって、終える頃には「おれ、頑張った!」って言います(笑)

で、「必死で働けば成功する」って名言を残すわけです。

 

言うのは勝手ですが…それを鵜呑みにして本当に死ぬほど頑張れる人が死ぬほど頑張るわけです。

そして、死にそうになるもんだから体が言うこと聞かなくなって挫折します(笑)

 

努力・行動力なんてよく言われますが、その言い方だと「頑張る・行動しまくる・辛くてもやる」という意味合いに聞こえてしまう人もいるはず。

でも、それは間違いです。

 

毎日のストレスはできるだけ小さく、長く長く続けることで、「頑張っていないけど、行動した量は膨大になっている」という状態を作ります。

これが大きな結果になります。

 

頑張ってしまうと短期的な作業スピードは速いかもしれませんが、長く続けられません。

10年20年続けている人には絶対に勝てなくなります。

他人の名言や、表面的に良く聞こえる言葉に踊らされないようにしてください。

自分に甘いやつほど、キレイでかっこいい名言を吐きだしますからね(笑)

 

私の考える理想の仕事&仕事のやり方

ちょっと私の理想の働き方についてお話します。

今までは何が稼げるか、稼ぎやすいかを基準に仕事を選んできました。

 

しかし、それではあまり楽しくないし、続かないことがわかって、現在ではまったく違う考え方をしています。

 

まず、めちゃくちゃ大きな目標、夢みたいなものを設定します。

これは今すぐには絶対に実現できないものです。

自分の欲求や問題意識をもとに、一番理想の状態を描きます。

もちろん仕事としての目標なので、他人にとっても魅力的なものを設定します。

あまり具体的にイメージせずに方向性だけでいいと思います。

 

目標を設定すると実現しようとという話になりますが、いきなり完璧なものって無理なんです。

だから、できる範囲で、頑張らなくていい範囲で、その目標に貢献するつもりでやります

だいたいの場合、他にも同じ目標を持っている人がいますからね。その人たちに協力するくらいのつもりで。

 

楽しみながら長く長くやっていくことを前提にします。ぜったい努力しない(笑)

人生をかけて、嫌にならないように理想に対して少しずつアプローチをかけて、結果が出てきて影響を及ぼせる範囲が広がったらさらに強くアプローチをかけていきます。

 

10年続けることができたら影響の輪が大きく広がって、自然にお金が入ってくるようになってるという感じです。

 

結局、「頑張って」・「すぐに」・「他人よりも」を捨てた行動を取り続けるということになります。

焦ってお金を稼ごうとすれと誰も喜ばせることができなくて、結局稼げないままになります。

自分の軸を持って、じっくり物事を進めていけば確実に大きな結果を出せます。

 

決めにくい「稼ぎ方」(仕事)の決め方

お金を稼ぐ方法は腐るほどあります。

いろんなサイトで紹介されている通りで、何のスキルもなくても、今から学んで稼げるようになるものが何十通りもあります。

うちでもこんな記事書いてますし→雇われずに給料以外で今すぐお金を稼ぐ方法【2019完全網羅】

 

しかも、そのすべてがちゃんと稼げるものです。

そして違った見方をすれば、需要があれば何でも稼げるということです。

 

「私は〇〇をします!」と言って、それが他人とっても魅力的で、実現することができて、あなたに信用があれば、それは仕事になります。

稼げるということは、仕事としてやることが「魅力的」で、「実現」できて、「信頼」できる、これらを揃えているということです。

なので、どんな仕事をするかは自分の思い付きで、上記の条件がそろってれば何でもいいということなんです。

 

欲求や問題意識など、自分の感情をもとにして、好きなものを作ったり、解決するような目標を立てて、それをやっていけばいいことになります。

好きなように目標を立てていいんだから、興味の無いアフィリエイトをするよりも、自分に関連した仕事(目標)を設定して楽しむべきですね。

仕事の選び方の詳細はこちらを参考にしてください→やりがいある仕事の選び方

 

キレイな理想よりも、雑な方向性

何を仕事にしていくかを決めたら具体的に目標を立てていきますが、ここですごく明確で詳細な目標を立ててしまうのは良くないです。

 

未来なんて何が起こるかわかりませんし、さらに自分の気持ちがどう変化するかもわかりません。

作業を進めて目標に近づくほど、知識もスキルも身についていきますから、考え方も変わっていきます。

その前の段階で明確な目標を立てても意味がありませんね。

 

キレイな理想を描くよりも、

「だいたいこっちの方かな?」

と感じる方向に、できることから始めてざっくり進んでいくのがいいです。

 

明確な目標は、時間や人間関係などに関連して、ふとしたタイミングで勝手に出てきます。

また、そのタイミングを作るのは「作業量」だったりしますので、方向性だけ決めてどんどん作業を進めた方がいいです。

もちろん頑張ってはダメです(笑)

 

で、これだと稼げないのでは?って感じなんですが、できることが多くなると稼げるようにもなります。

結果の終着点が「お金」になればいいだけなので、小さな結果を積み重ねて影響力が強くなれば稼ぐのは簡単です。

 

その代わり、スタートの段階では結果の終着点を「お金」にしない方がいいです。

理想や目標の方向に進んで実現していきながら、影響力の輪を広げることに集中しましょう。

できることが増えれば、実績や信頼が積み重なりますから、あとは稼ごうと思えば稼げるという状態になります。そこまで行ってから稼ぐことを考えましょう。

 

何をするにも「ブログ」はお金がかからない最高の方法

何を仕事にして、どんな方向に向かうにしても、今のところブログは最高です。

自分の学んだこと、知識やスキルを記事にすることでたくさん人を集めることができます

学ぶことでできることを増やし、人を呼び込むことで影響力が強くなります。

 

これが、ほとんどお金をかけずにできてしまいます(笑)

 

私の仕事は、

独立・フリーランス・起業向けの【仕事の選び方】と、【行動を継続して結果を出す方法】を広める

という方向性で進めていますが、とりあえずブログ書いていれば目標にアプローチできてしまいます。

 

現状、どんな仕事でもブログを書いていればとりあえず目標にアプローチができるはずです。

価値のある記事を書けば、たくさんの人が集まってくれますので、おすすめの商品を紹介してアフィリエイトしたり、広告貼ったりして稼ぐことができるようになります

影響力をつけてから、結果の終着点を「お金」にするという流れの典型的な例ですね。

 

あとは、最近だとYouTubeとかもいいですね。

とにかくできることからどんどんやっていけばいいと思います。

辛くならない範囲で楽しみながら、やれることをやれるときにやる。

続ければ稼げるようになりますよ^^

 

ポジショニングだけは間違えるなっ!

大きくお金を稼ぎたいならポジショニングは間違えちゃダメです。

ポジショニングっていうのは、「サラリーマンor社長」「成長市場or衰退市場」など、自分がやる仕事と仕事をどんな立場でやっていくかっていくことですね。

 

サラリーマン、個人事業、法人企業、いろんな形があってそれぞれ責任ややれること、手に入るものが違います。

収入の面で言えばサラリーマンは圧倒的に不利なので、お金を稼ぐことにフォーカスするのであればポジショニングを間違えていることになります。

責任が小さかったり、やるべきことが限定的で楽だという見方もできますので、考え方によって決めてください。

 

また、どうしても衰退していく市場はあります。

現状のテレビなんかは典型例ですね。そこに今から参入するのはあまり収入面では得策ではないでしょう。

 

自分ができることをどこの市場に役立てるのかをよく考えて、成長している市場や成熟市場に使えるようにしましょう。

少しずつ変わってきてはいますが、いまだに良い大学→良い会社→退職金みたいな流れが一般的だと考えている人がたくさんいます。

自分にとって適切なポジショニングをとれるように、常識や一般論を一度疑って、どの立場に身を置くかを決めてみてください^^

 

「目標」それ自体が仕事、できることからやる

副業やる人にも言える大事なことなので聞いてってください^^

自分の仕事は何かと考えたときに、作業内容ではなく「目標」をイメージできるようにしましょう。

 

例えば私の場合。

作業内容は、ブログ記事を書くことです。

さらに言えば、できるだけ1万文字以上で、検索キーワードに対して満足できる回答ができていて、オリジナリティがある記事を書くこと、です。

記事を書くという単純な作業なんですね。

 

しかし、目標は「独立・フリーランス・起業向けの【仕事の選び方】と、【行動を継続して結果を出す方法】を広める」ことです。

この目標に向かってアプローチしていくことが活動内容です。

 

誰かに「あなたの仕事は何ですか?」と聞かれたらすぐに「目標」を応えられるようにするべきですね。

仕事に対してすごく前向きになれますし。

 

「記事を書いてお金を得る仕事」ではなく、「独立・フリーランス・起業向けの【仕事の選び方】と、【行動を継続して結果を出す方法】を広める仕事」です。

影響力が大きくなればお金は自然に稼げます。

 

だから、お金のことを考えずに社会に影響のある行動自体を仕事だと名乗れるといいですね。

そして、目標に対してできる範囲で行動を続ければ立派な仕事になります。

 

結果は出ない、やる気も出ない、だから頑張らない、でもやる

自分を軸にして、社会に良い影響のある目標を立てて、できる範囲で長く楽しみながら行動していけばいつか必ず仕事になる。

この感覚が少しでも伝わったら嬉しいですね。

上記の考え方にお金臭さは一切ないんですが、影響力が強くなれば自然に稼げます。

 

だから、お金のことを考えないで、自分が大事だと思うことや他人に良い影響を与えることを目標に掲げて、それを仕事だと言い切ってしまいましょう

 

結果はすぐには出ません。

しかし、お金持ちになったことをイメージしてやる気を出しても大した行動力にはなりませんから意味ないです。

それどころか無理にやる気を出すと挫折の原因になります。

 

だから、頑張らないでやる気があるときや、できるときに少しずつ目標に向かって、できることをやります

そうやって毎日少しずつ前に進んでいると、いきなり大きな結果がどかんと降ってくることがあります。

 

お金が無くて焦っている人がいることもわかります。

しかし、私もそうやって焦ってたくさんの失敗をしてきました。時間を無駄にして…

 

だから、すぐにお金になるようなことを探すのも悪くは無いと思いますが、2~3年我慢して自分の理想の仕事を育てる方が私は良いと思います。

一度軌道に乗ってしまえば、おそらく死ぬまで仕事になりますし、周りの人に自慢できるし、お金も稼げるし…ということです(笑)

ぜひ考えてみてください^^

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール