起業

起業をする前にイメージトレーニングで練習してみよう

今回は起業の練習方法です。商品を作って、売れるところまでイメージを整えると、意外とできそうだという気持ちになるはずです。

それではさっそく。

 

これから5年は使えるビジネスモデル

基本的にはマーケティングの部分、とくに集客の内容がこれから大きく変わっていきます。

ただ、以下のやり方で5年以上は上手く集客できると思いますので、全体を把握して当てはめてみてください。

 

stage1:仕事選び→商品開発→LP製作→WEB広告テスト(→改善)

まずはstage1です。仕事を選んで、簡単に商品開発をして、LPを作り、WEB広告を出稿して売れるかどうかを計測します。

 

1-1:仕事選び

自分に合った仕事を選ぶのが大前提です。

他の記事やメルマガで詳しく話していますが、自分の欲求ができるだけ多く満たされる仕事を選んでください。

「儲かるなら何でもいい」という「お金」に対する単一的な欲求でスタートしないでください。すぐにモチベーションが下がり挫折してしまいます。

 

好きなこととか、興味のあることを書き出して、欲求を具体的に書いて始めれば成功する可能性はぐっと上がります。

仕事選びに時間をかけて、慎重に進めてください。

 

1-2:商品開発

お客さんが「うれしい!」と喜ぶことを商品やサービスとして提供できる準備をしましょう。

コツは「自分が困ること」です。

自分が困った経験があるなら、それを解決して、その解決方法を商品にしましょう。

何かを教えてあげるのでもいいですし、モノを作れるなら商品として販売しましょう。

とにかくお客さんのことを考えて、ニーズを満たすように努力していきましょう。

他に同じような商品が他社から販売されているのであれば、それ以上に良い商品になるように工夫しましょう。

この段階では、概要とざっくり提供できるレベルでOKです。完璧な商品を作るのではなく、とりあえず提供できる状態にしましょう。

 

1-3:LP製作

LPとはランディングページの略です。

販売用の商品説明WEBページのことですね。

LPの書き方はネットで検索すればたくさんでてきますし、売れている商品のLPを参考にして作成していきます。

WEBページはWordPressを使えるようにしておくと、個人でも作成できます。

コストもほとんどかからないので、起業をするのであればぜひ使い方を覚えておきましょう。

 

1-4:WEB広告テスト

Googleの検索にWEB広告を表示させてみましょう。

Google Adwordsというもので、個人でも広告を出すことができます。

Googleの検索広告からLPにリンクするようにして、お客さんが検索しそうなキーワードを選んで、広告が表示されるように設定します。

商品が売れたらテスト完了です。

どれくらいの広告費で商品が売れるかを確認し、さらにLPを変更したり、広告文を変えることで商品の売り上げがどのように変わるかを計測します。

 

ただし、商品開発の部分で質が低いと、いくら広告やLPを変更しても思い通りの結果は出てきません。

明らかに利益が出ないと判断したら、すぐに商品開発に戻って、さらにお客さんが喜ぶ方法を考えていきましょう。

 

stage2:コンテンツ製作→1次テスト販売(→商品改善)

ここまでやって、いい感じに利益が出せそうな状況が作れたら、次は自社コンテンツによる集客を行います。

そして、販売する量を増やしつつ、商品に対する意見や効果が薄い部分を改善しながら、商品のブラッシュアップをしていきます。

 

2-1:コンテンツ製作

WordPressでブログを書いていきます。

ただの日記ではなく、お客さんが喜ぶような情報を発信します。

「役に立った」「助かった」と思ってもらえるように、自分の商品に関連することをどんどん書いていきます。

Googleがこちらの記事を見つけてくれて、価値のある記事であることを確認したら、検索上位に表示してくれます。

そこからアクセスを集めて、先ほど作ったLPへの導線を作り(記事中に広告リンクを貼ってLPに誘導する)、商品を販売します。

自社コンテンツからのアクセスはコストがかからないので、利益率が高くなります。

今後の広告費に割り当てることができるようになるので有利になっていきます^^

 

1次テスト販売→商品改善

自社コンテンツを入れながら、WEB広告も働かせ、商品を販売していきます。

商品が販売されると、お客さんの反応で効果がわかり始めます。

お客さんの意見を聞いたり、データを取りながら、商品の改善を行っていきましょう。

口コミで広がるくらいに商品の品質を上げることができれば最高です。

 

stage3:潜在顧客用LP製作→潜在顧客用WEB広告テスト(→改善)

つぎは潜在顧客を狙っていきます。

stage1~2では「今すぐほしい!」と思っているお客さんに販売していましたが、今度はstage3では「いつか買わないとなぁ」と思っているお客さんにアプローチしていきます。

ちなみに、成約率が下がるので広告費がぐっと高くなります。

stage3に入る前に商品の改善をしつつ、コンテンツマーケティングで利益率を高めておきましょう。

さらに、複数の商品を用意して、顧客単価を上げておくことでstage3から先に進んでも拡大し続けることができるようになります。

 

3-1:潜在顧客用LP製作

WEB広告を出すときに、どんなキーワードで表示させるかを決定します。

このキーワードを変えることで潜在顧客にアプローチします。

つまり、キーワードが変われば、お客さんの属性も変わりますので、こちらから言いたいことも変わります。

潜在的なお客さん用のLPを作って、成約率を最適化させていきましょう。

 

3-2:潜在顧客用WEB広告テスト

上記のようにキーワードを変えて、潜在的なお客さん用のWEB広告を設定します。

お客さんの属性が変わりますので、そのお客さんの心に刺さるようなコピーを考えて広告文を書きましょう。

LPとの親和性が大事です。また、今すぐ顧客と同じようなお客さんを集めても無意味なので、少し枠を広げるつもりで設定していきましょう。

今まではサンマを集めていたけど、今回は青魚全般を集めるという感じです。

これがうまく行ったら海産物全部行くという感じで広げていきます。

 

最適化されると、いくら変更を加えても数字が上がらないという状況になりますので、そこまでテストを繰り返して改善していきましょう。

 

stage4:潜在顧客用コンテンツ製作→商品販売

WEB広告がうまく行ったら、もちろんコンテンツ制作です。

 

4-1:潜在顧客用コンテンツ製作

今までのお客さんとは違う属性のお客さんを集めるためのコンテンツを作成します。

具体的には、潜在顧客用WEB広告で効果の高かった属性にアプローチをかけるコンテンツです。

「ちょっと興味があるなぁ」というお客さんにもアプローチして、存在を知ってもらうことで購入を促します。

商品が魅力的でLPが魅力的であるほど、今買う気がなかったお客さんにも「欲しい!」と思ってもらうことができます。

そうすると、他社では買わなかったお客さんが、うちで買ってくれるようになるので売り上げが伸びていきます。

ここでどれだけ頑張るかで、利益率が大きく変わっていきます。

つまり、さらに広告費をかけることができるようになってくるということです。

頑張っていきましょう!

 

4-2:商品販売と改善

さらに商品が売れていき、しかもお客さんも多種多様な人が増えてきているはずです。

なので、商品を改善していく必要が出てきます。

お客さんの意見を聞きつつやっていきますが、聞き過ぎに注意したいところです。

いろんなお客さんがいるので、一人一人の欲求を聞いていることはできません。

こちらでしっかり考えて、バランスの良い商品を作ることが大事になってきます。

かなり難しいですが、ここで頑張ると口コミも広まっていき、どんどん商品が売れるようになっていきます。

商品開発がすべてなので、頑張っていきましょう!

 

stage5:stage3~stage4の繰り返し

あとはstage3~4の繰り返しです。

利益率を上げる努力をしつつ、広告費をかけて広げていきます。

どこまで価値を届けられるかが勝負になりますので、選んでもらうために企業努力をしていきます。

 

stageのどこで止まるかは「仕事選び」で確定しているので注意!

なんども言いますが、仕事選びの段階でミスっているとstage1すらこなせずに挫折します。

読んでもらったらわかるように、ひどく面倒なことがたくさん続いていますよね?

これをこなすだけの根拠があるのかがポイントになります。

 

「お金」に対する欲求だけで「儲かるなら何でもいい」と仕事を選んだらstage1で止まります。

「お金が儲かって、好きなことができればいい」くらいだとstage2で止まります。

「お金儲かって、好きなことできて、他人から信頼や尊敬をもらいたい」だとstage3で止まります。

 

「お金、好きなこと、信頼や尊敬、社会問題の解決、家族や友達との時間確保、自分のスキルアップ」などたくさんの欲求をできるだけ満たすような活動ほどstage5のさらに先へと進ませてくれます。

できるだけ欲求を多く把握して、それらができるだけ多く満たされるような活動や目標を立てていきましょう。

詳しいやり方はメルマガで紹介していますのでよろしければご登録ください。

 

まとめ

・これから5年は使えるビジネスモデルにあてはめてイメトレしよう

・stage1:仕事選び→商品開発→LP製作→WEB広告テスト(→改善)

・stage2:コンテンツ製作→1次テスト販売(→商品改善)

・stage3:潜在顧客用LP製作→潜在顧客用WEB広告テスト(→改善)

・stage4:潜在顧客用コンテンツ製作→商品販売

・stage5:stage3~stage4の繰り返し

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール