起業

誰でもできる起業のやり方、全体像を把握しよう

ここでは、まだ起業をしたことが無い人のために、起業のやり方の全体像をお伝えします。

0から起業する人が実際にどんなことをしているかイメージを持ってもらえるようにご説明します。

 

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

起業の手順はこれが鉄板だ!

①仕事選び←超重要!

②商品開発(仮)

③商品磨き

④WEB広告によるテストマーケティング

⑤コンテンツマーケティング

⑥WEB広告を広げる

⑦コンテンツマーケティングを広げる

 

ぶっちゃけ①~③がうまく行けば④から先は自然に上手く行きます。

順番に説明していきますね。

 

一番大事な仕事選び!目標地点と活動内容を決めよう

①でしくじると、もう何も上手くいかないです(笑)

起業するって話になると、

「儲かるなら何でもいい」って考えでアフィリエイトやネットワークビジネス始めて失敗したり、

「在庫をもたないビジネス」が良いだなんだと色々知識が入ってきて何やったらいいかわからなくなったりします。

 

大事なのは、「自分のこと」に関係の深い仕事をすることです。

とくに「欲求」を洗い出して、できるだけ多く満たすような仕事を選ぶと上手く行きます。

 

多くの人が「お金を儲ける」という欲求だけでは、十分な行動力とモチベーションを維持することができません。

好きなことや興味のあることをしっかり把握して、「人生これだけやってりゃ最高」な仕事を見つけてください。

 

結果的に稼げる量も変わってきますので、仕事選びは十分慎重に、時間をかけてやってください。

 

仕事選びでミスると、はじめは「お金儲かったら何しよう?」とか考えてワクワクするんですが、いざ作業が始まるとめちゃくちゃつまらないくて苦しい状況が続き、「こんなことして何の意味があるんだ!」と癇癪起こして途中で挫折することになります。

個人の起業の場合、ほとんどの人が失敗をしません。挫折です。

「失敗」することができれば成長もするのですが、途中で挫折するので、目標を達成するために経てた計画をやり通したときに「成功するかどうか」すらわからないわけです。

 

計画をやり通すには、行動力とモチベーションが必要です。これを高くキープするためには、自分の欲求に基づいた仕事を選ぶようにしましょう。

仕事選びがうまく行けば成功の確率は高まります。

仕事選びについてはメルマガで詳しくお話していますのでよかったらご登録ください。

 

商品作って、とりあえず家族や親せきや友達に利用してもらって磨く

自分がどんな仕事をするのか、方向性が決まったら商品を作ります。

お金が無いうちはサービスを提供するのが良いでしょう。

自分が困ったこと、「もっとこうだったらいいなぁ」と思うことを解決するような商品を作りましょう。

これがアイディアとなります。

 

そして、とにかく誰かに利用してもらいましょう。

お金を取らなくてもいいです。

とにかく使ってもらって、感想やフィードバックをもらって商品を磨きます。

 

感想の内容をそのまま商品に反映させる場合もありますが、成功を導くのは感想の字面や表面ではなく、その奥にどんな欲求を見出すかです。

 

有名な話だと、マクドナルドがアンケートを取って「健康志向なメニューが欲しい」という意見が多かったので、「サラダマック」というメニューを追加したら全然売れなかったことがあります。

そのすぐ後に「メガマック」を発売して大ヒットしたわけです。

商品やブランドに対する全く逆の欲求が潜んでいて、自分がお客さんにとってどんな役割を持っているのかを理解して、核心をついた商品を作る必要があります。

 

マーケティング用語だとSTP戦略なんて言ったりしますが、要するにどんなお客さんにとって自分がどんな役割とみなされているかを確認しましょう。

健康を求めてマクドナルドに行くことは無いということですね。

 

ここまでが上手く行ってれば広告費使っても売れるから怖くない

商品も磨き終わったのでテストマーケティングをやっていきます。

Googleの検索で表示される広告ですね。あれに表示させて売れるかどうかを確認します。

LPという商品を説明する1枚のWEBページを作って販売します。

 

で、重要なのは①仕事選び~③商品磨きまでをどこまで突き詰めたかです。

商品が良いものなら、必然的にLPも良くなります。

すると、商品は自然に売れていきます。

多くの商品が、商品磨きまでをしっかりやっていないので、LP作って広告出しても売れません。

 

売れない商品のLPをいじっても売れるようにはなりませんし、WEB広告の広告文をいじっても何も変わりません。

大事なのは、①~③です。

テストでうまく行かなかったら、まず①からやり直してもいいと思います。

 

まったくお金が無い場合や、安い商品を販売する場合は、WEB広告テストを飛ばしてコンテンツマーケティングを始めてもOKです。

 

コンテンツマーケティングって何?

コンテンツマーケティングというのは、簡単に言えばブログ記事です。

商品に関連する内容で、お客さんのためになる記事を書くことで、Googleの検索に表示されてアクセスを集めてくれます。

 

記事の中では、自分の商品について紹介したり、リンク画像をつけてLPに飛んでもらったりします。

記事に集まったアクセスをLPに流して、商品の販売につなげるということです。

記事の内容がしっかりしているほど、お客さんに信頼してもらえて、商品が売れやすくなります。

 

WordPressなどのブログツールを使うと、ある程度デザインの自由度が合って、しかも自分でいろいろ設定できるブログサイトを作ることができます。

ちょっとPCを触れる人なら難しくないので、調べながらやってみてください。

 

費用は、月1000円程度です。お小遣い程度の費用でマーケティングができるなんてすばらしい時代になりました。

 

行動の選択肢をインプットしながら少しずつ実行しよう

実際に運営していると様々な問題が発生したり、何をすればいいかよくわからなくなったりします。

「何をすればいいかわからない」というのは言い換えると「行動の選択肢が無い」という状態です。

ここまで来たら、それぞれの仕事で発生する問題に対する正しい行動を選択するために本を読んだり勉強する必要が出てきます。

 

起業家はよく「考えなくていいからとりあえず起業しろ!」なんて言います。

商品を作って売り始めないと、何が問題になるかわからないから勉強しても意味がないということです。

 

はじめからすべてを勉強して把握してから進むというのはめちゃくちゃ効率が悪いです。

問題が発生して、解決するために選択肢が無いときに勉強すればそれでOKです。

「勉強をするのは選択肢を増やすため」と覚えておきましょう。

 

この記事を読んでいる方も、

「起業のやり方がわからない」→「起業をするための行動の選択肢が無い」

という状態だからこの記事を見ていると思います。

 

そして、この記事からまずは「仕事選び」→「商品づくり」→「商品磨き」の3点をやろう、という選択肢を学んだはずです。

もしこの記事の内容がしっくりくるなら一度実践してみてください。少しだけやってみる程度でOKです。

やってみると新たな問題が発生すると思いますので、また選択肢を学んでください。

 

という具合に進めていけば必ず成功するので、あきらめないでくださいね!

 

まとめ

⑦までやってすべてがうまく行っていたらかなりの利益が出るはずです。

ほとんどの人が①~③でつまづきます。①~③で上手く行っていないと④テストマーケティングで全然売れません。

 

また、③を通らずに④に飛んだり、④を通らずに⑤や⑥に飛んで資金と時間を大損失するとかですね。

①~③で上手く行けば、そんなに頑張らなくても④から先で利益が発生するので①~③に時間をかけましょう。

 

とりあえず、行動の選択肢が0ではなくなったと思いますので実践してみてください!

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール