起業

起業するには目標そのものではなく、目標を立てるまでの過程が重要

今回は、起業するときにどんな目標を立てると成功しやすいのかという話をします。

 

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

起業するときの目標の立て方

目標を立てる前に知っておきたいのは、

「人間は欲求を満たすために行動する」

という根本的な部分です。欲求が無ければ人間は行動しません。

 

目標も、自分の欲求を満たすために立てなければ、行動力やモチベーションが上がらず結果を出すことができません。

なので、まずは欲求を洗い出して把握しておく必要があります。

 

ちなみに、欲求を満たすこと自体を目標にしてはいけません。

例えば「月収100万円が目標!」ということだと、どんな活動をするのかが全くわかりません。

しかも、お金は他人からもらうものであり、貢献をすることでしか利益を出すことはできません。

「月収100万円を達成する」ということに誰かがお金を払うことはなく、起業の目標にはなりませんのでご注意ください。

 

欲求をできるだけ多く満たすことができる目標や活動を見出そう

起業するときに「お金」に対する欲求をもとに行動する人は多いです。

ただ、人間の欲求はお金だけではありません。

人生の時間の大部分を占める仕事から、お金しか得られないのはかなりつまらない人生になります。

※もちろんお金も得ますよ

 

突き詰めて言えば、自分の欲求が1つでも犠牲になるようだと、行動力やモチベーションが下がる原因となり、最終的に出てくる結果が大きく変わってきます。

モチベーションは一度下がったら上げることは難しいです。

特に「お金」しか考慮せずに、「儲かるなら何でもいい」というように仕事を決めた場合、ある程度の利益が発生すると「もう十分」と感じ、行動が止まってしまいます。

 

起業前にまずやるべきことは欲求の洗い出し

お金に対する欲求ももちろんですが、

・好きなこと

・興味のあること

・解決したいこと

などの感情から、「〇〇したい」「〇〇が欲しい」という欲求をできるだけ多く書き出しましょう。

さらに、出てきた欲求を細分化して具体的にしていきます。

枝分かれしてどんどん欲求が出てきますので、超具体的な状態まで分解してください。

 

中には「貢献欲」に当たるものも含まれているようにしてください。それが仕事のタネとなり、誰かを喜ばせるための行動の根拠である欲求です。

 

そして、出てきた欲求をできるだけ多く満たす活動や目標を仮定しましょう。

それがあなたの「天職」です。

 

欲求が具体的で、量も十分なら、既存の会社やビジネスではできないような活動になるはずです。

だから、目標を達成するには起業する必要があって、起業が手段として最適だ、という結論に結びつくはずです。

※まれに「これなら会社に就職するだけでも大丈夫だ」という方がいますが、そうなったら就職しましょう。それが一番幸せな人生です。

 

欲求から成り立っている目標をいつでも確認できるようにする

目標が定まったら、いつでも確認できる場所に貼っておきましょう。

大事なのは目標自体ではなく、その目標を達成することで満たされる欲求が何なのかがすぐにわかるようにしておくことです。

 

私の場合、「やりがいある仕事の選び方を日本中に広める」という目標がありますが、その裏には、

「自分のやりたいことを全部事業化して成功させたい」とか

「たくさんの人をサポートして信頼や尊敬していただけるようになりたい」とか

「生きるのに必要な資金を40代のうちに稼ぎたい」とか

いろんな欲求が存在しています。

目標を達成することで、これらの欲求が満たされるから行動をしています。

 

満たされる欲求を目標と一緒に書いておくことで、目標を達成する理由が一目でわかるようになります。

そうすればモチベーションは全く下がらずに一気に前進していくことが可能になります。

 

モチベーションが下がったら欲求を犠牲にしている証拠

起業して仕事をしていると、ある日突然、

「あぁ、もうやりたくないな」

と思う時が来ます。上記のように目標を立てたとしても、どこかでこのように感じる人がほとんどです。

 

モチベーションが下がって行動量が落ちたら、まずは紙に書いた目標と、満たされる欲求を再度確認しましょう。

また、どうしてモチベーションが下がるのか、原因を確認しましょう。

 

やり方は簡単です。何が嫌なのか、どんな欲求が満たされていないのかを確認するだけです。

「もっと〇〇したい」「もっと〇〇な環境を作りたい」「もっと〇〇があったらいい」

など、新たな欲求を見つけるだけでOKです。

 

今の目標や活動に、その欲求を満たす行動を追加するだけで解決します。

 

ちなみに、起業を成功させるには「圧倒的な行動量」が必要で、それ以外不要です。

仕事の作業をするにも、勉強をするにも、人脈を作るにも、圧倒的な行動量があれば必ずうまく行きます。

 

そして、行動量を生むのは行動力やモチベーションであり、それを生むのが欲求です。

欲求が把握できていなかったり、自分のことを丁寧に知ってあげることができていないと、

「儲かるなら何でもいい」

という考え方になり、やりがいも楽しみもない仕事を選んでしまい、失敗や挫折をしてしまいます。

 

起業前に欲求の洗い出しをしっかり行って、目標を定めてからロケットスタートを切りましょう^^

 

まとめ

・人間は欲求を満たすために行動し、欲求が無ければ行動しない

・起業の目標を立てるのは、自分の欲求を満たすため

・自分の中には大量の欲求があって、どれか一つでも犠牲になると行動力が下がる

・1つの目標を立てるために、把握できないほど大量の欲求を考慮する必要がある

・「貢献欲」を忘れずに盛り込んで目標を立てれば、それは必ず仕事になる

・その目標を立てた理由がわかるように紙に書いていつでも見られるようにしよう

・活動中にモチベーションが下がったら、欲求を犠牲にしていないか紙を確認しよう

・圧倒的な行動量を長く保つことができれば起業は必ず成功する

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール