成長

好きなことで集中力を限界まで高め人生と仕事を成功させる方法

目標や夢ができて何か結果を出したいと思ったとき、もっと集中力があれば早く前に進めるのに…!って思うことがあります。

やるべきことはわかっているのに、どうしても取り掛かることができない。

始めることができても、すぐにやりたくなくなって進まなくなる。

 

「好きなことなら集中できるのに、他のことはまったく集中できない…」って思うことは日常茶飯事です。

また一番困るのは「好きなことのはずなのになぜか集中力が続かない…」という場合です。

 

これらの問題は好きなことに対する集中力の理解と、結果を出すメカニズムを知ると解決することができます。

今回は私の失敗談と解決した経緯をご紹介しながら、好きなことと集中力の関係を理解し、最速で結果を出すための考え方をお話していきます。

 

人間は好きなことしか長時間集中できない

私は2017年ごろからゲーム実況に取り組み、1年半ほどやりましたが全く結果が出ずに断念しました。

もともとゲームが好きだったのでそれを活かそうとしたのですが失敗してしまったのです。

 

なぜ失敗したのかを今考えてみると、

・ゲームは好きだけど、人前で話したり、面白いトークやリアクションをとるのが苦手だった

この1点が原因で間違いないでしょう。よく考えたら当たり前なんですが…(笑)

あとは動画を編集するのも面倒で苦手でしたね。まぁ編集しなくてもトークが面白ければ良いようですが。

 

私はこういう間違いをよく起こします。

理由としては、結果に憧れてしまうからです。

ゲーム実況を始めるときには、兄者弟者さん、わいわいさん、タイショウさんに憧れていました。

「あんなふうになりたいなぁ…」と思って始めるわけですが、彼らは人前で話すことや、動画を制作することを楽しんでいて、その上で努力をしているので勝ち目が無かったわけです。

 

憧れているのは確かだけど、トークや動画制作には集中できない、時間をかけられない、という状態にあったのです。

ゲームは好きなことだったのですが、トークは好きなことじゃなかったから集中できなかったんです。

 

もっとわかりやすく言うなら、マンガ・アニメ・SNS(スマホ)など、意識しなくても長時間集中できること勉強の違いですね。

ゲームは毎日5時間できるのに、勉強は30分で疲れちゃうなのは何でだろう…と悩んだ経験が何度もあります。

テストで良い点を取りたいとか、良い学校に受験で合格するために勉強したいのですが、ついついゲームやったりマンガ読んだりしてしまう…。

結果が欲しいという気持ちはあるものの、勉強そのものに魅力を感じているわけではありませんでした。

だから、勉強に集中することができなかったんです。

 

つまり、「今やるならどちらが良いか」を判断して選択していたんです。

 

勉強しておけば、1か月後のテストで良い点が取れる。

トークの練習をしておけば、ゲーム実況で結果が出る。

でも、今やりたくないからやらない、という選択をしたんですね。

逆にゲームや漫画に関しては、目標や夢が無くても自然に長時間集中できました。

 

好きなことは自然に集中力を長時間保つことができるのです。

 

ちなみに、ゲームや漫画に時間を使うことが苦痛な人もいます。

やらなくてもいいのに勉強をしてしまう、という人だっています。

ゲームや漫画が「ダメな行為」と認識するのは間違いだと思います。

間違った夢や目標を設定してしまうと、本当は好きなことなのに「ダメな行為」と認識してしまう可能性があるので、その辺を事例を出しながらもう少し詳しくお話します。

 

集中力が出ないなら、それは好きなことじゃない

中学校時代からBUMP OF CHICKENの藤原基央さんに憧れて、バンド活動を始めました。※もう20年近く前のことです…恐い!

もともと、母親がピアノの先生で音楽に対する知識や理解が一般の方よりもあったので、若いうちは「俺は音楽が得意だ!」と思っていました。

そういうものがあいまって、私の中で音楽は特別なものになっていました。

 

ずっとバンドマンとしてトップを走ってる藤原基央さんに憧れて、音楽が(子供のレベルの範囲で)得意、色々条件がそろってバンド活動が好きになりました。

…まぁこれが勘違いであることが30になるまでわからなかったのですがね(笑)

20代後半くらいまでずーっと憧れを追っていました。

 

バンド活動というか、具体的には作曲やボーカルとしての活動に違和感を抱き始めるきっかけになったのは、最近「好きなことを仕事にしよう」という風潮が高まってきたからです。

私は「音楽が好きなはずなのに、どうして仕事にできないのか」と悩んでいたこともあって本を読んでみたりしました。

すると、やっぱり好きなことをやってる人は、長時間(最低でも半年)1つのことだけに集中しています。

 

私自身のことを振り返ってみると、曲を作ってる間に「辛いなー」「嫌だなー」という気持ちで取り組んでいました。

冷静になれば簡単にわかることですが、それは好きなことに対する反応ではありませんね(笑)

しかし、小さな頃に褒められた経験、憧れの人の輝かしさ、こういったものが頭に刷り込まれていると気づかずに「好きなこと」と認識してしまうものなんでしょう。

 

最終的に、とても簡単な基準が私の中に出来上がりました。

自然に集中できないことは好きなことではない

単純かつ明快です。

 

例え、自分がどんなに「好きなことのはず!」と思っても、自然に集中できないなら好きなことではありません。

自然にというのは、気合をいれたり頑張ろうとしなくても、いつの間にか長時間集中してしまっていることですね。

 

つまり、「好きなこと」をやっているはずなのに集中力が集中力が続かないのは、やっていることが一番重要なものじゃないからだと考えています。

勉強しないといけないのに、マンガやゲームをやって時間を使ってしまうなら、勉強よりもマンガやゲームが好きだから。

ギタリストになりたいけどギターの練習に集中できないなら、ギターを「弾く」のが好きじゃないから。

イラストレーターになりたいけどイラストの練習に身が入らないなら、イラストを「描く」のが好きじゃないから。

 

ギターを弾いているアーティストや、うまいイラストを描くイラストレーターに憧れて、自分もあんな人になりたい!って思うことはよくあります。

でも実際、自分がやる側になってみたら辛い。ちっとも身が入らない。集中できないってなるんです。

憧れの人になるという結果を望んでも、その過程が隙に慣れなかったら集中して取り組むことはできません。

 

最速で結果を出す!好きなことを中心に目標の立てる方法

じゃあ好きなことだけやって、夢や目標を持つなってことか!って話なんですが、そうではありません。

正しく好きなことを理解して、達成するためにやらなければいけないことの大部分が、自然な集中でこなせる夢や目標を持つことで結果を出すことができます。

 

ゲーム実況で失敗した私は、トークや動画編集に限界があることを悟り、ゲーム実況の環境づくりの情報やゲーム攻略情報を掲載するブログを作成し成功しました。

 

ゲーム実況は、

ゲーム x トーク x 動画編集 = ゲーム実況

こんな感じの方程式で、トークと動画編集が苦手だったので失敗しました。

 

ゲーム実況+攻略ブログは、

ゲーム x 文章執筆 x 機材知識 = ゲームブログ

こんな感じの方程式で、あまり得意だと思ってなかった文章執筆はやってみたらできなくなかったということと、もともと音楽をやっていたこともあり機材好きが功を奏して成功しました。

 

結局、結果が出るまでの過程の大部分が、自然に集中できることで構成されている目標を選ぶと楽に成功すると言えます。

「好きなこと」とか「やりたいこと」という曖昧な感情の基準をもとに何をするべきかを考えるのではなく、

長時間やってても疲れないことは何か

と考えて、その延長線上に夢や目標を立てるのが成功への近道です。

特に、「あの人みたいになりたい」という憧れは、結果を出すにはよくないですね…。

たとえ歯を食いしばって頑張って、憧れに近づいても、その先もずーっと歯を食いしばらないといけなくなります。

歯を食いしばって頑張るのが好きならいいのですが。

 

というわけで、好きなことを使って最速で結果を出すのは難しくありません。

2つだけ意識すれば何をすべきか見えてきます。

①長時間やっていても疲れないことを2~3つピックアップする

②時代にあった仕組みに当てはめる

これができれば成功します。

 

私の場合は、ゲームと文章執筆を組み合わせました。

そしてブログ+広告という時代にあった仕組みに当てはめました。

他のやり方としては、Twitterを使ってもいいし、ペライチでLP作ってPDF商品を販売してもいい。時代にあったものを使えば何でもいいでしょう。

ビジネスでお金を稼ぐにしても、有名になりたいという欲求でも同じようにやってください。

正しく好きなことを見つけて、集中力が続くものをピックアップすれば、何も起こらないということは無いはずです^^

 

目標を持った時の「やりたくないことに集中する3つの工夫」

以前「夢なんか持ったら人生おしまいだよねっ!」ってタモリさんが言ってましたが、あながち人生を楽しむうえでは間違っていないかもしれません(笑)

だから、できるだけ好きなことだけで構成された目標を取った方が良いのですが、好きなことだけで構成しようとしても、目標を持ったらちょっとはやりたくないことがついてきます。

それをどうやってこなすかについてお話します。

※「じゃあこの方法使えば憧れでも集中できるようになるじゃん!」って思うかもしれませんが、そうではありません。苦肉の策、程度のものです。基本は好きなこと=長時間やってても疲れないことをメインに目標を立ててください

 

先ほどお伝えした通り、私は文章執筆が得意ではありませんでした。

しかし、やってみたら「できなくなかった」のです。

好きでも嫌いでもなく、今でも長時間集中することはできません。

だから少し工夫が必要でした。

 

具体的な対策方法は、

ゲームに少しでも疲れたらブログを書いて休憩する

というルールを作りました。

 

①ゲームを好きなだけやる

②少しでも疲れたらブログを書く

③ゲームをやりたくなったらゲームをする

この繰り替えしですね。

これなら1日1~2記事のブログを書けます。

その他の時間はずっとゲームしてました(笑)

 

この方法なら、たぶん一生でもやり続けられます。

2~3つの好きなこと(もしくは、やってて疲れないこと)を組み合わせて、それぞれの取り組む時間を調整して、ずーっとやってても疲れないサイクルを作ります。

これなら集中力が途切れることはありません。

 

やりたくないことや、あまり好きでは無いことをやり続ける方法として私が行きついたのは、「やりたくないことに集中する3つの工夫」です。

  1. 習慣
  2. ごまかし
  3. ついで

私はこの3つに当てはめてやりたくないことを処理しています。

 

「習慣」というのは、何かをトリガーにしてやりたくないことを始める方法です。

時間や、毎日必ずやることにくっつけて行動をします。

私は毎朝30分必ず集中してブログを書きます。また、先ほどの例ではゲームをやっていて「疲れたな」と感じたらブログを書きます。

 

「ごまかし」は、辛いと認識させないようにやりたくないことをやります。

私は何かの待ち時間を潰すためにブログを書きますが、そうすることで「暇つぶし」という名目ができます。

本当はメインでやらなければいけないことなんですが、わざと軽い目的にすり替えることででごまかしてしまうと取り掛かりやすくなります。

 

最後に「ついで」です。

ゲームをやっていて、攻略方法を忘れないようにメモを取ることがあります。

これをブログを書くことで代用してしまうという方法です。

ついでにやっちゃうわけですね。

せっかくメモを取るくらいならブログに書けばみんなが読めるし、アクセスが集まるようになります。

 

もともとそんなにやりたくないことを無理矢理やる方法なので長時間集中することはできませんが、全くやらないよりはましです。

それに、これくらいの小さな工夫を1年続けると意外と飛んでもなく大きな結果になります。

特に、大部分を好きなことで達成できる目標を立てれば、「やりたくないことに集中する3つの工夫」だけで細かい作業は足りてしまいます。

 

まとめ

集中力を高めて結果を出すために、まずは正しく好きなことを見定めることが大事だと思います。

難しいことでは無く、長時間疲れずに取り組めることを見つければいいだけです。

「楽しい」とか「面白い」という感情は曖昧なので気にしないで、長時間取り組めればOKだと考えてください。

 

好きなことを2~3つ見つけたらそれらを組み合わせてオリジナルな活動内容を作り、時代に合った方法で発信していきます。

ここまでを正しくできていたら失敗することはありません。

 

最後に、目標を定めて、小さなやりたくないことを3つの工夫で処理していきます。

嫌にならないように注意してください。

ちょっとでも辛い、苦しいと思ったら1日に取り組む量を減らしたり、気合いを入れなくても取り掛かれるような習慣、ルールを作ってください。

 

そもそも、長時間取り組めないようなことを「好きなこと」と誤認している場合は、いくら頑張っても結果が出ないこともあります。

挑戦するのは良いことかもしれませんが、結果を出すには向いていないことをやっても効果が薄いです。

本当に好きなこと=長時間取り組んでも疲れないこと、という方程式を頭に入れておけば、すっと簡単に結果が出る可能性があるのでお試しください!

 

今回は以上です!

 

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール