起業

起業セミナーで独立に成功した私の「セミナーを最大限活かす方法」

私は、2013年に起業独立セミナーを受け、ITでの自動化や雇用の方法、商品を売るための文章術を学び独立に成功しました。

私の場合はたまたま受けたセミナーが良かったのですが、今見渡してみると何の価値も無いセミナーやオンラインサロンをやっている輩がたくさんいます。

起業独立セミナーは、それなりのことを言いつつ参加者を楽しませることができればビジネス的には勝ちなのです。そこら辺を念頭に置いて受けていただきたいです。

  • 「あぁ楽しかった!」
  • 「また話を聞きたい!」

楽しませることができれば参加者は喜び、勉強になった気で帰ってくれます。そして、またセミナーに参加してくれる…。

これではいつまで経っても成功しませんね。

本気で起業したいなら、この記事に書いてあることを参考にして、セミナーから本物の知識だけを見抜いて抜き取ってください。そして、学んだことをどんどん実践し、学びよりも行動をメインにしてさっさと成功してください(笑)

それではもう少し具体的にお話していきます^^

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

個人で知識0の状態の起業セミナーの使い方を話します

前置きが長くなりますが、今回の記事はこれから起業しようとしていて、独立に関してほとんど知識が無い方に向けた記事です。

まだ販売する商品や、取り組む仕事すら決まっていない感じの方に読んでもらいたいです。

独立起業セミナーを探していてこの記事にたどり着いたなら大正解です^^メモを取りながら読んでください。

セミナーでは参加者の「商品」にまで手が回らない

不特定多数向けの独立起業セミナーでは、参加者それぞれの「商品」にまでは手が回りません。このことを理解していないと「セミナーに行ったけど、すぐに行動できるような知識は得られなかった」と後悔することになります。

セミナーの多くは、集客と販売に特化しており、あなたがどんな仕事をすればいいか?というところは語られません。起業は「商品」x「販売」x「集客」で成り立ちます。

そこで、セミナーに参加する前に、どんな仕事をするか先に決めておきましょう。

起業と言うと、特別なアイディアや、ものすごいスキルが必要だと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。子供が将来の夢を語るように、既存ビジネスの中でやりたいことを決めてしまえばOKです。

カフェを開きたい、YouTuberになりたい、音楽科になりたい、ラーメン屋をやりたい…

とにかく1つ商品やサービスを決めてください。ここが決まらないとセミナーに行っても何もやることがありません。

ちなみに私はこれでつまづきました(笑)集客や販売を死ぬほど勉強して、経営の仕組み作りも猛烈に学んだあと「あれ…で、何やるの?」って状態です。

独立起業セミナーでは、あなたが何がやりたいかまでは構ってくれませんので、決めてしまいましょう^^

最大のポイントは主催者が「何をしているか」

セミナーに参加したら、見るべきポイントは「主催者が何をしているか?」です。これが最大のポイントになります。

  • どうやってお客さんを集めた?
  • お客さんは何人いる?
  • セミナーを受けているお客さんの反応は?
  • みんながここに来ることを決めた要因は?
  • セミナーの内容は?
  • 主催者の最大の目的は??

という感じで、ちょっと疑いの目がきつい感じもしますが、これくらいシビアに見ていいです。彼らは集客と販売について話をするはずなので、どうやって集客をしたか、どうやってここに来るように説得をしたか、そして、どうやってお客さんを満足させて帰らせるのか、これらを重点的に見て下さい。

セミナーの内容自体は、後で詳しく説明しますが、「そりゃそうだ!」と思えることだけメモ。あとは無視でいいです(笑)当たり前をコツコツやるしか起業を成功させる道はありませんからね。自分の知らなかった「当たり前のこと」をしっかりメモして帰りましょう。

起業セミナーは面白い→「勉強したい人」になるな

セミナーをやる側の立場になってみると分かりますが、セミナーをする上で一番大事なことってなんだかわかりますか?

最近、DaiGoさんがニコニコ動画で海外の論文を紹介して、500円の会員を11万人集めました。これセミナーの売り方とまったく同じなんですが、どこに価値を感じて人が集まるかわかりますか?

まず、第一に考えるべきは、論文は普通面白くないです。紙に研究結果が書いてあって、それを読むやつがいるでしょうか?でも、論文の内容はそのままに、配信で説明するだけで人が大量に集まるのはなんででしょう。

理由は2つあって、「期待感」と「面白さ」です。期待させられるから人が集まる、面白いからもう1度来る。これが良いサイクルを産んで、人がたくさん集まっている状態を作るんですね。

つまり、あなたが成功してもしなくてもセミナーは売れ続けます。これを念頭に入れておいてください。しかもめちゃくちゃ面白いセミナーは、成功してもまた行きたくなるものです。

彼らの仕事はセミナーを売ることであり、あなたが成功するかどうかは売り上げを伸ばす要因の1つでしかありません。最近のオンラインサロンなんて、受講生の成功率を上げることを全く考えておらず「ネタ探し」に翻弄されている人たちばかりです。

くだらない内容を量産して本質から離れてしまっているセミナーやサロンは絶対に避けた方がいいです。

独立や起業について、価値のある内容を話しているなら、毎回同じことをセミナーで話すでしょうし、そうなったらもう動画でいいですよね(笑)

面白いだけのセミナーに騙されないように注意してください。

学ぶより実践が大変「1:9」で行動優先!

セミナーで学んだことはすぐに実践して、さらに継続してください。ある程度行動して積み上げないと、実行していることが正しいかどうかはわかりません。

セミナーに行って学んで、少しやって成果が出なくて、またセミナーに行って…だといつまで経っても成功できません。

「学び:行動=1:9」くらいに考えてください。行動するのはつまらないし、退屈だし、大変だし、飽きるのですが、行動を中心に物事を進めないといつまでも結果が出ません。

先ほどのセミナー「面白さ」と相まって、行動したくないという欲求を「学び」は癒してくれます。頑張ってる気にさせてくれるんですよね、間違っちゃいないけど結果には直接結びつきません。

つまらなくなって、飽きて、それから1か月続けると何かしらの結果は必ず出ます。頑張って行動しましょう。

行動が継続できない人はこちらの記事を読んでください→【タイプ別】行動できない2つの理由-今すぐ行動する心の仕組み

起業独立は大量の知識よりも当たり前が大事

大勢の人の前に立って、つまらない起業セミナーをするわけにもいきませんから、主催者は面白い話や知識を発信してくれます。それはいいこと。だけど、起業独立にそれらすべてが有効かというと、残念ながらそうではないです。

だいたい、大量の知識を与えられてもそれらを使いこなすことはできません。その人が年商100億越えていて、その結果を出すノウハウを1つ1つ教えてくれたとして、たぶんすべてをマスターするのに10年かかってもおかしくないのです。

それでも1年程度で大きな結果を出す人はたくさんいます。理由は、早期に結果を出す人たちは、必要最低限の知識にとどめてとにかく実践実行し、できる範囲でマスターしていくことを選んだからです。

使えない道具や知識が増えても意味がありませんよね(笑)

だから、はじめて起業独立セミナーに行くのであれば、まずは「そりゃそうだ」と思うことを抜き出して実行してください。その他は蛇足、ただのエンターテイメントだと思ってかまいません。

「そりゃそうだ」=当たり前、ということです。

経営者の自伝などを読んでみてください。みんな当たり前のことをコツコツやってます。効率の良いこと、楽な方法などは、基本的で当たり前なことに慣れた後に、自分なりのやり方として大成されたものです。

セミナーを受講していて「そりゃそうだ!」と思う当たり前のことが話されたらそれを実行しましょう。難しいことはあと回しです。

できることをやってスピードをあげて結果を出していく方がモチベーションも続きやすくなり、挫折が減ります。

 

ぜひ、この記事に書いてあることを使って、起業独立セミナーを最大限まで活かしてくださいね!それではまた!

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール