起業

法人登記するためにかかる費用

●公証役場でかかる費用

  • 定款認証手数料 50000円
  • 定款印紙代 40000円(※電子定款の場合0円)
  • 定款謄本代 約2,000円

 

●法務局でかかる費用

  • 登録免許税 150,000円
  • 登記事項証明書代 600円
  • 印鑑証明書代 450円

 

●行政書士にかかる費用

  • 50000円~80000円
  • もしくは、自分でやるなら0円

 

※自分で電子定款にする場合は「電子証明書」の取得、ICカードリーダライタが必要で、費用は10000円ほどになります。

合計:約213000円~283000円

 

行政書士に法人登記を代行してもらう費用

行政書士に代行を依頼すると、50000円~80000円ほど。

この場合、電子定款でやってもらえます。

自分でやる場合の電子定款費用と差し引きで40000円~70000円が追加と考えましょう。

行政書士代行の場合の費用合計:約253000円~283000円

 

おすすめの法人登記のやり方

時間もかかるし面倒なので、行政書士に頼んでください。

費用は約26万円を目標にしてください。

起業家、経営者の仕事は利益を出すことなので、雑務に時間をかけないほうがいいです。

また、法人化するという状況の場合年収800万円以上になっている可能性が高いと思います。お金をかけて時間を作るのが得策です。

 

起業の知恵袋【初心者用】に戻る

 

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール