起業

起業の基本は商品・販売・集客の3つ!それを実現するまでの根性!

Q:起業したいです!基本をざっくり全体的に教えてください!

A商品・販売・集客が起業の基本です。その仕組みを作り上げるためのモチベーション管理が一番難しいです!

どもツカです。今回は起業の基本ということで話を進めます。

結論から言うと、商品・販売・集客の3セクションが基本です。この仕組みを作り上げることができれば起業して収入を得ることができます。

そして、一番大変なのが、これらを最後までやり切るやる気の管理です。結果が出るまで時間がかかることもあり、ほとんどの人が挫折してしまいます。

ただ、3セクションすべてを完璧にする必要はありません。省ける箇所はたくさんありますから詳しく説明していきますね!

3セクションで覚える「起業の全体像」

とりあえず、起業の基本を覚えておきましょう。

  • 「商品」
  • 「販売」
  • 「集客」

この3セクションをバラバラに学び、仕組みを作り、つなげていきます。テンプレートがあるだけで、他人を経営を見る目も変わってきますからこの3セクションは覚えてしまってください。

商品が1番大事です。年商で1億稼いでても商品が悪くて止まってる人がたくさんいます。商品の質を上げることを優先して活動しましょう。後でお話しますが、商品を作るセクションは省くことができます。

次に販売です。お客さんとのファーストコンタクトから商品が売れるまでの流れを作ります。簡単に言えば信頼関係を作る、ということです。信頼関係をうまく作れるなら、集客量が少なくても売り上げが伸びていきます。

最後に集客です。小規模の経営なら集客量が2倍になれば売り上げも2倍になると単純に考えてOKです。ただし、集客は掛け算なので商品と販売が悪かったら「0x1=0」です。まずは商品と販売が良くなるようにしましょう。

これが起業の全体像です。基本として頭に入っているかどうかで、今後の勉強や作業にも大きな影響を与えるので覚えてしまってください。

まずは商品を決めよう!

最初に商品を決めます。

はじめは奇抜で特別なアイディアや、お金を借りて、いきなり法人化なんて考えなくていいです。既存の市場、すでにあるビジネスに参入します。

だから、商品を産みだすというよりは、選ぶ・決めるという感覚でいてください。無理に新しいことをやらなくていいです。お金を稼いでから自由にやりましょう。

「すでにあるビジネスに参入してちゃんと稼げるの?」って疑問が生まれますが問題ありません。どうせ上位1%以外はダラダラやってるので本気で取り組めばすぐに追い抜くことができます。

今後起業家としてやっていきたいなら上位0.1%を狙うつもりでいてください。それでも1000人に1人ですから、ちょっとイケてる程度です。ちゃんと頑張れば届く領域ですね。集中力と行動量で一気に抜き去ってお金を貯めて、自分のやりたいことをやりましょう。

まずはPC1台でできることや、初期投資、ランニングコストのかからないビジネスの中からできることを選んで商品にしましょう。

 

ちなみに、商品づくりは省くことができます。誰かの商品を販売したり、紹介したりすれば商品を気にせず「販売」と「集客」の2つに集中することができます。

このブログは(2019.6現在)私が起業したときにお世話になった講座の無料動画を紹介しているので、商品の部分を省いています。無料動画を見ていただくと私に報酬が入るという仕組みですね。収益を得てはいますが、本当に良い動画なので紹介してます、おすすめです^^

こういうのを広告業、アフィリエイトと言います。「販売」と「集客」に特化できるので難易度が低く、初期投資もかからないのでお勧めです。ただし、集客にも品質の概念はあります。信頼関係ができていない状態のお客さんを紹介しても意味ないですからね(笑)

商品が売れるまでの販売導線を考えよう!

扱う商品が決まったら、お客さんとのファーストコンタクトから商品が売れるまでの販売導線を考え、作っていきます。

一番楽な流れが、

ファーストコンタクト→商品説明→成約

という短いものです。ほぼ販売導線を省いた形ですね。販売するものが日常的であればこの導線で問題ありません。逆に、今までに無いような商品を販売するのであればこれでは足りません

ファーストコンタクト→お試しプレゼント→無料情報→成約

このように段階を増やし、お客さんのためになることをしてあげると、信頼関係を作ることができて、商品の説明を真面目に聞いてもらうことができるようになります。

販売導線の基本は信頼関係を築くことです。そのためのツールとして、メルマガ、LINE@などは典型的な販売導線となります。他にもイベントを開催したり、無料相談を受けたり、SNSで交流したり…

簡単に言えばお客さんと仲良くなればOKです。最終的に商品の説明をまじめに聞いてもらうことを目指します。

集客をしてお客さんとの接点を作ろう!

集客とは、お客さんとのファーストコンタクトをできるだけたくさん作り出すことです。

広告、チラシ、ブログ、SNS、YouTubeなど、お客さんとの接点になりそうなものは何でも使えます。有料のモノから無料のものまであります。

集客媒体でいきなり商品の説明をするのは販売導線を省いた形で、効果の薄い集客方法です。あまり商品が売れません。

基本はお客さんが「欲しいもの」「悩み」「疑問」を解決するために動き、それを解決するためにこちらが合わせて動く、という感じです。

例えば、「起業したい」というお客さんに対し、「起業スクールやってます!」と言っても聞いてくれる人はいないでしょう(笑)しかし、「紙面で良ければ、起業の基本が書かれたマニュアルがあるのでプレゼントしますよ?」と言われたら、「1枚もらっておこうかな?」って思う人が増えるでしょう。

ブログやSNSに、商品に関連するような、困ったこと、疑問などにあらかじめ応えるような記事や投稿を上げておけば、お客さんは集まってきます。また、有益なプレゼントを無料で配布することを告知するのも良い方法ですね。

その後メールアドレスや、LINEの宛先を聞いて、信頼関係を作ることにお客さんが応えてくれたら集客は成功です^^

起業の基本は自分がいなくても回る仕組み作り

ここまでのことをやり通せば、一気に全部がつながり収益が発生します。集客でお客さんとのファーストコンタクト、販売導線で信頼関係を作り商品説明と成約、商品を提供して売り上げとなります。

この3つのセクションが基本です。全部できる方がいいですが、商品開発は後回しでも良いかもしれません。他の人の商品を紹介したり、販売することができるようになれば、自分の商品を売ることも簡単になるので、先に集中してマスターしてもいいですね^^

そして、起業した後のとりあえずの目標はこの3セクションを自分がいなくても回る仕組みにすることです。WEBサイトを使ったり、人を雇用したりで自動化していきます。

私が習った起業講座ではこれを「システム化」と呼んでいます。システム化には「IT>雇用>自分でやる」という優先順位があります。ITで自動化、ダメなら人を雇う、ダメなら自分でやる、ということですね。

ただし、初期から中期は雇用はしなくていいです。できるだけ少人数可能な限り1人でやってしまったほうがいい。商品や販売を工夫すれば年商億レベルでも1人でやれますよ!

このように、自動的に回る仕組みを作るという意識をもたないと、いつまで経っても個人事業主レベルで、法人化して起業するレベルに到達できません。自分が働いて稼ぐという形でになってしまうと、何も積み重なるものが無くなってしまいます。

自分がいなくても回る仕組みを作ることを目標にするのが起業家の使命です。

ただし、やりたいことがあって、自分が作業したい場合は別です。特に芸術関係とか、エンターテイメント関係の仕事は自分がやらないと意味がないですからね(笑)自分が動きたい仕事をするなら、何か別の事業をシステム化してから始めたほうがいいと思います。

起業成功の鍵は「集中力x根気=行動量」

ここまでを作り上げるのは、すごーく時間がかかります。半端じゃない作業量が必要です。小学生の夏休みの宿題25年分くらいあります(笑)

しかし、我々のほとんどは社会人ですから、働きながら25年分の夏休みの宿題に取り組まないといけません。夏休みの宿題をぎりぎりまでやらない人ならわかると思いますが、やらなくていいならやらないのが人間です(笑)

起業は強制させられるものではないし、「収入を発生させる」という視点においては就職してお金をもらう方が早くて楽ですからね。

 

このやってもやらなくてもいい膨大な宿題をこなす方法は2つあり、人それぞれの特徴に合わせてやり方を選ぶ必要があります。

1つ目は、欲求のでかい人のやり方です。やりたいことがたくさんあって、「やるべきこと」に集中できない場合。私はこのタイプです(笑)

欲求がでかい人は、「制限する習慣」をつけてなんとか1つに集中して1日中かけて作業をしてください。短期間だけやりたいことを全部我慢して耐えます。毎日小さな「結果」を出し、確認しながらやる気を補充していきます。

「結果」だけが燃料になります。少しでも結果が出ていないとやる気がなくなるので、毎日結果を更新するつもりで一気に駆け抜けてください。爆速起業ですね。私はその専門家です。

そして、やりたいことがたくさんあると思いますから、ある程度形にして自動化できたら「もう飽きた!」でやめてOKです。1つのことを長く続けるなんて思わなくていいです。そう考えると「永遠にこの生活が続くのか…」挫折を招きます。やりたいことをどんどんやっていきましょう。

「集中力x根気=行動量」で、先発組をぐんぐん抜いて一瞬で成功をつかみ取ります^^

 

2つ目は、欲求の小さい人のやり方です。そこまでやりたいと思えることもなく、1歩踏み出すのに時間がかかる人です。

やるべきことが決まったら、超少なくていいのでやる量を決めてお試しでやってみます。それを毎日コツコツやります。時間を決めて、暇つぶしをする感覚で「やる習慣」を身につけてください。

結果は気にしなくていいです。いつも酒飲みながらテレビ見てるか、スマホ見てるかの時間、それを新しい暇つぶしに入れ替えるつもりでやります。

周りが素早く結果を出しても気にしないでコツコツやって下さい。早く結果を出す人は早くやめるので放っておきましょう(笑)

結果が出るのは遅いです。だけど、オーバーキルが得意です。当初の予定よりはるかにでかい結果を出せます。あなたは1つの暇つぶしを、誰になんと言われようと長く続けることができる人です。最終的に誰よりも大きな何かを作り上げることになるので、焦らず行ってください。

行動タイプと行動力の話については別記事でも詳しく扱っているので読んでみてください→【タイプ別】行動できない2つの理由-今すぐ行動する心の仕組み

どちらのタイプも、行動量が一定量貯まれば、質が低くても収益が出せます

起業に失敗するのは、質が低いからではなく、行動量が足りない場合です。商品も、販売も、集客も、それに伴う勉強や研究も、みんな行動量で賄えます。

ただし、どんなに行動しても「やるべきことの本質」から逃げてしまうと結果は上手く出てきません。

ビジネスの本質は「価値の提供」ですね。決して「過程の作業を楽しむこと」ではありません。本質の中心をコツコツ叩くか、でっかいハンマーでぶっ壊しに行くか…。どちらにしても、本質は固く厳しいので、覚悟をもって取り組んでくださいね!

本質から逃げなければ起業は成功します^^

ぜひ頑張ってください。今回は以上です!

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール