起業

起業に必要な印鑑は2つだけ【注意点アリ】

起業に必要な印鑑は2つ。

  • 個人実印
  • 会社実印

ただし、以下3つを別に持っておくと便利。

  • 会社銀行印
  • 会社角印
  • 住所印

 

起業に絶対に必要な印鑑は2つ

個人実印

個人の実印は役所で印鑑登録、登記の際に印鑑証明が必要になります。

この実印で銀行口座も作っておきます。

 

会社実印

登記の際に必要です。

会社名が入ってるとか、「代表取締役の印」という言葉入っているのが普通ですが、必要ではありません。

オリジナルのものであればOK。

 

起業するときにあると便利な印鑑は3つ

会社銀行印

実は必要ではない会社銀行印。

まず、法人口座を作ることが必須ではないです。個人口座で代用可能。

法人口座を作る場合でも、会社実印と併用も不可能ではないです。ただし、1つの印鑑を多目的に併用するのは紛失・盗難時にリスクがあるので分けるのが普通。

銀行も簡単には法人口座を作らせてくれないので、信用の面でも会社銀行印があるといい。

 

会社角印

これはリスク回避用。

契約書に実印バンバン使ったり、外に持ち出して失くしたり…というリスクを回避する。

会社用の認印として使う。

※認印とは…印鑑登録してないもの=印鑑証明のいらない契約に使う。日常使用の印鑑

 

住所印

住所、電話番号、会社印が一発で印字できる便利道具。

契約には使わない。

領収書とかにポン。封筒にポン。

何かと便利です。

 

まとめ

①1人で起業してやり取り少ないなら、まずは必須の2つで十分かなと。

②法人口座作るなら、会社銀行印は作った方が良いでしょう。

③見積もりや請求書を出したり、お客さんとの紙面でのやり取りが多いなら会社角印もあったほうがいい。
角印作るなら恐らく住所印も必要。

 

起業の知恵袋【初心者用】に戻る

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール