その他

集客とは「ポジティブな影響」を与えられる人間を探すこと

タイトルそのまんまだけど、集客ってのは「ポジティブな影響」を与えられる人間を探すことだ。

ブログとかアフィリエイトとかって話になると「とにかく人を集めて、どうにか商品を売りつける」というイメージを持っている人がちょくちょくいる。しかし、そんなやり方をしても物は売れない。読者だってバカじゃないので、文章の内容や雰囲気から違和感を抱けば物を買おうなんて思わない。

自分が良い影響を与えることができる人を集めることができれば、商品は売りつけなくても自然に買ってもらえる。実際、大きな売り上げを立てる営業マンやブロガーは売りつけるような行為はできるだけ避ける。

 

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

良い影響を与えられる人が自分の周りにたくさん集まっているイメージをしよう

理想的な商売の場として、自分が「ポジティブな影響」を与えられる人が集まっている状況を想像してみよう。あなたはたくさんの困っている人を助け、喜ばせることができる。商品やサービスを販売すれば「あなたがおすすめするなら」と買ってほしいと言わなくても、世間話をしているだけて売れていく。

これがブログマーケティングの理想の姿だ。

すべての人に価値のある商品は無い。どんな商品も人によって価値があったり無かったりする。しかし、あなたが良い影響を与えられる人を意図的に集客することができたら、ほぼすべてのお客さんに価値のあるものを提供することができる。

 

前にも言ったが、雑記ブログよりも専門性のあるブログの方が大きな売り上げを建てることができる。理由は上記の理由からだ。あなたが価値を与えられる人、つまり「ターゲット」を設定して集客することによって、その人にとって価値のある情報を提供し、その人にとって価値のある商品を販売することができる。

「1ブログ1商品」と言われるのも同じ理由だ。1つのブログでは1つの商品だけを販売したほうがいいという意味だが、ブログに集客したターゲットにとって、一番価値のある商品を売ることができるので、売り上げを最大化することができる。

 

利益を出したいなら、徹底的に顧客目線になれ!

「顧客目線で考えろ」とよく言われるが、実際作業をしてみるとめちゃくちゃ面倒なことに気づく。ちょっと気を抜くと「自分のやりたいことはこんなことじゃない」とか「もっと楽な方法はないか」と考えてしまう。

ブログで言えば、読者が困っていることを真摯に考えたり、記事をわかりやすく書いたり。

 

だんだん疲れてくると、「続かないから雑記ブログでも稼げないか?」なんて言い始めたりする。利益を出すために始めたのに、利益が出にくいとわかっていることを「続けて」なんの意味があるのだろう…。目標や目的から遠ざかってしまい、手段をこなすことが目標になってしまっている。

特に完璧にやろうとする人に多い。はじめから「ミスったら死ぬ…!」くらいの勢いで「顧客目線っていったいなんなんだ!」と考え続けてしまい、行動量が少なくなる。行動量が少ないからいつまで経っても終わりが見えない。仕事をこなすリズムが悪いから、いつ終わりそうか目安すらできないのだ。

 

難しいことじゃなく、自分なりに顧客目線で「これやってあげたら喜ぶかな?」「これを書いてあげたら参考になるかな?」という程度でいい。自分が書きたいことばかりにならないようにするだけで十分なので、常に顧客目線になることを意識するようにしよう。

 

ポジティブな影響を与えようとすること=顧客目線

顧客目線という言葉を使うと「相手の立場になってみる」という意味になるが、苦手な人も多いはず。実は私も「顧客目線」という言葉はあまりピンとこない。

主観的にどのように動くことを「顧客目線」というのか考えてみたところ、一番しっくりくるのが「ポジティブな影響を与える」という言葉当てはまった。人が困っていることに気づいてあげて、助けてあげられそうなら助ける、という感覚なら掴みやすかった。

人によって「顧客目線になる」でも「ポジティブな影響を与える」でもいいと思うが、結局は誰かを喜ばせれば商売は成り立つ。そのためにも集客は自分がポジティブな影響を与えられる人を集めるつもりでしかけていくのがベストだ。

 

 

 

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール