起業

他人の嫌味はビジネスアイディアの宝庫!嫌な奴ほど耳を傾けよう

いっつも文句を垂れている友達っていませんか?ちょっと面倒で、話をするのも億劫な人ですこういう人たちは常に問題点や改善点に目が向いていて、否定的になっています。

つまり、彼らの文句はビジネスアイディアの宝庫になっています!もちろん自分が否定的な人も有利です。今日は、他人や自分自身の否定的な負の感情に目を向けて「しょうがない」「めんどくさい」で終わらせず、ビジネスにしてしまう方法を共有します!

嫌味をビジネスアイディアにしてしまう方法の動画はこちら↓

本文はこちらから↓

商品開発の前提と基本

商品の作り方の基本は、

自分の過去の体験で、感情が大きく揺れた瞬間をテーマにする

という考え方です。

僕なんかは、ビジネス、ダイエット、音楽、ゲームなんかがテーマになりやすいですね。何か一瞬でも感情が大きく揺れた瞬間があれば、そこにビジネスチャンスがあると考えてOKです。そこから商品を作ってください。

※商品開発に関する記事はこちらを参照してください→マネをするから稼げない!独自性を出して利益を独占、市場に最適化された新たな選択肢を作る方法

商品ができたら、友達や家族、親しい人に商品を無料で使ってもらいましょう。使ってくれた人を仲間として、どんどん意見を出してもらいながらビジネスを成長させます。ココまでは今まで話した商品開発の基本です。

お客さんが抱える、見えない悩みに直に触れる

無料で商品をつかってもらうのは、褒めてもらうためにそうするのではなく、自分では予期しなかった問題を探るためです。売れるかどうかを考えるのは間違い。文句や要望が出てくることが前提です。

つまり、クレームや要望、足りないものを浮き彫りにするのが目的。

自分で考えた商品だけでは足りないものがあるという前提です。そこに大きなビジネスチャンスが眠っている可能性があります。

自分の主観によって作った商品ですから、他人の感情や問題を直に見ることができるのは、無料で商品を使ってもらうタイミングが一番最初です。ここで要望や否定的な意見に、逆にあなたが否定的になったらそこで話は終わり。つまり、ビジネスの終わりとなります。

事実として、要望が出てきてしまう商品、否定的な意見が出てきてしまう商品なわけです。あなたがいくら「みんなわかっていない」と思っても、事実出てきている問題は永遠に亡くならず、商品もビジネスも成長せず、廃れるのみです。

負の感情からビジネスアイディアを思いつく方法はこちらの本がおすすめ→ランチェスター戦略「小さなNo.1」企業

なので、以下の実際にやってみようのコーナーを是非やってみてください↓

実際にやってみようのコーナー

①過去に体験した嫌だったことを書き出す、できるだけすごく嫌だったこと

②たら・れば、でいいので何がどうだったらそんなことにならなかったかを考える

③課題を最大効率、最大効果でクリアする方法を考える

まずは、自分の嫌だったことに目を向けて見ましょう。結局主観ですが(笑)でも、今すぐできるのは自分のことだけなので、やるしかありません。

これができるようになると、他人の意見にも同じように考えを巡らせることができます。①が問題、②が課題、③が解決策です。この3点論法は以下の書籍で詳しく解説されています→自分が欲しいものだけ創る! スープストックトーキョーを生んだ『直感と共感』のスマイルズ流マーケティング

今回は以上です!次回は、No.1じゃないと物は売れないって話をします!

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール
知識0・スキル0・やる気0からの独立起業チャンネルはじめました↓

知識0、スキル0、やる気0の状態から独立起業するために有効な情報だけまとめて動画配信している「ゼロから始める!!おひとり様ビジネス」という会員限定サイトを運営しています。

YouTubeで他の動画のお試し版を配信しているのでそちらもどうぞ⇨ゼロから始める!!おひとり様ビジネス(YouTubeへ)