起業

今からでも儲かる?いつまで稼げる?市場の衰退を予測して参入するタイミングを見極めろ!

自分でビジネスを始めようか考えたとき「今からやって儲かるんだろうか?」と不安になることがあります。

例えば、

今からブログやって、アフィリエイトとかして…もう遅いかな。やめとこ

って感じで、やらない選択をしてしまった独立志望者はたくさんいるはずです。

じゃあ、あるビジネスがいつまで稼げるのか、特定の市場がいつ衰退するのかがわかれば、そういう不安に振り回されること無く、ビジネスを始めることができますよね。

ということで、今回はビジネスがいつまで儲かるのかを自分で予測する方法についてお話します。

 

ビジネスが儲かるか予測するための動画↓

本文は以下から↓

ビジネス衰退のメカニズム

あるビジネスが生まれてから衰退するまでの流れはある程度予測することができます。

以下の図を御覧ください。

このブラックボードに書かれた形は、よくある市場規模の推移を表しています。

1個目の点線までが前期、2個めの点線までが中期、最後が後期です。

 

前期は、スタートアップと呼ばれる時期で、ある商品がまだ普及しておらず、開発と普及を頑張っている状態です。売上高は少なく、苦しい時期ですね。

中期は、普及が進んで売上が最大になる期間です。同業他社もたくさん出てくるのでシェアの取り合いになって大変です。マーケティング勝負になってきます。イノベーションが起こる時期でもあります。

後期は、慣れ親しんだ人が新しい波に乗れずに利用している時期です。ほとんど人は「古い」と言っています。それでもずーっと使い続けてくれる人もいる感じです。

 

面白いのは、始まり→点線→実線→点線→終わり、このスパンがほぼ同じ長さになるということです。

例えば、iphone。

2007年に初期型が発売されました。

そして売上が最大になるのが2015年。そこから2018年まで小さく減少傾向。

つまり、8年かけて売上が最大になっているのです。

ということは、また8年経つとiphon市場は撤退することが予測できます。

iphoneはおそらく、2015年の8年後、つまり2023年に新しいモデルを作ることをやめるのではないか?という考察ができます。

※もちろん予測なのである程度前後するだろうし、予想外のイノベーションで名前が残る可能性もありますが

 

そして、2007年から2015年の中間、2011年に何があったかというと、iphone4sからiphone5が発売された時期です

この頃、iphoneが普及してきた感じありましたよね。私もiphone5からスマホを持ち始めたんじゃないかな?

ちなみに2015年はiphone6sですね。みんな持ってた印象がありますね。私はこの時期はsonyのxperiaかなんか使ってましたね。

※上の動画では、「ブログやWEB広告」の事例、あとは「シェアハウス」に事例なんかを考察していますのでよかったら見てください

 

こんなふうに自分で、ある商品やサービスの始まりと、市場規模が最大になる年を調べて、まだそのビジネスが儲かるのかを判断することができます。

 

ビジネスは100%真似されて、衰退するから、商品開発が強いほど安定して稼げる

新しいことをやっても、儲かるほど周りが真似してきます。

そして、価格競争やマーケティング競争が起こり、利益がすり減っていきます。

こうなったら一人で経営していくのは難しいですね。

大手が資金力や人海戦術でマーケティングを牛耳っていき、市場は泥沼化してきます。

 

真似されることを完全に防ぐ方法はありませんし、そもそも面白いことをやって稼いでいきたい僕らは、地道で険しいマーケティング競争で疲弊するつもりはありません。

そこで、昨日お伝えした商品開発の方法が必要になってくるわけです。

 

商品開発の方法を知っていれば、みんなが真似してきたらさらに細分化&最適化して、お客さんにとって嬉しい選択肢を増やすことで勝っていくことができます。

ひとりでビジネスをして勝っていくには、新しくビジネスを立ち上げるロジックを知って、日頃からバンバンアイディアを出していくような考え方をしていれば、収入も安定するし伸びていくことがわかりますね。

 

じゃあ、どの段階で参入すると一番儲かるの?って話

前期、中期、後期、どの段階で参入すると良いタイミングなのかって話なのですが、普通に考えたら中期です。

前期はスタートアップの時期で、ひとりでビジネスやるのに参入すべきではありません。

後期はもう稼げませんからやめておきましょう(笑)

 

で、中期です。

たくさんの人が同じようなビジネスを立ち上げて行く中に入っていくのが基本です。

ただし、同じような商品を掲げてやっていくなら、完全にマーケティング勝負になります。

コピーライティングや、最新のツールを勉強して、地道に、それでいて素早く施策を練って実行していく必要があります。

…ただし、むちゃくちゃ辛いし、面白くはないです(笑)

マーケティングそのものや、儲けることだけが望みならやっていけると思いますが、私はつまらなくてできませんでした(笑)

 

そこで、昨日の商品開発方法で、新たな市場、新たな次元を作り、同業他社やライバルがいない領域で楽しみながらビジネスをやっていくのが最高だと、そういう結論になるわけですね。

会員サイトで更に詳しく解説するので、ぜひ見てください→https://biz-from-zero.com/?p=154

 

次回は、WEBサイトの販売力を診断する方法について解説していきます!

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール
知識0・スキル0・やる気0からの独立起業チャンネルはじめました↓

知識0、スキル0、やる気0の状態から独立起業するために有効な情報だけまとめて動画配信している「ゼロから始める!!おひとり様ビジネス」という会員限定サイトを運営しています。

YouTubeで他の動画のお試し版を配信しているのでそちらもどうぞ⇨ゼロから始める!!おひとり様ビジネス(YouTubeへ)