その他

人生に飽きてしまったときの対処方法

人生に飽きてしまうのは、自分の人生の使命感とか義務感、一生を捧げても良いことがないことが大きな原因になる。じゃあ、それらを見つければ良いという話でもなくて、無いものは無いし、探して見つかるようなものでもない。

自分が現在行っていることに使命感が無いのはなぜなのか?

 

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

謙虚であること、控えめであること、自分に厳しすぎることは人生の足枷にもなる

使命感を持てないのは、多くの場合、自分の気持ちや考え方に対して厳しいことが原因だ。

「自分は適当で、楽観的な人間だから、情熱をもって仕事をしているなんて宣言するのはおこがましい」

こんな考え方をしたことはないだろうか。

 

または、

「この人は情熱をもって仕事をしているが、自分はダメだ」

「気持ちが入っていないから仕事に集中することができないんだ」

「お金を稼ぎたいだけで、使命感なんて口だけの嘘っぱちじゃないか」

こんなふうに思ったことはないだろうか。

 

今すぐそんな考えはやめよう。

たとえ始まりがお金を稼ぎたいという気持ちから理想や夢を持っていても、お金を稼ぐためにじゃあ何をするかということに考えをめぐらしたことがあるはずだ。お金を稼ぐことを前提として、自分なら何ができるか、自分が良くしたい社会のこと、自分が助けられる人のことを少しは考えたはずだ。

 

自分に厳しく、「まだまだやれる」「まだまだ足りていない」と叱りつける場面も必要だと思うが、それだけでは絶対に精神的に弱くなる。成長の促すために自己嫌悪ばかりを使っていては「私の使命感や義務感は小さすぎて卑しいものだ」という感覚が定着して、せっかく抱いた使命感まで否定することになる。

謙虚で控えめに自分に厳しくなりすぎて、「自分が与える社会への影響なんて小さい」と思い込んでしまったら、そりゃ人生にも飽きる。行動力がなくなり、信念に一貫性が保てなくなる。

 

無理矢理作った使命感を自分で褒め称えるくらいがちょうどいい

あなたが今やっている仕事に使命感はありますか?と問われた時の答えを準備しておこう。べつに小さな頃からの夢みたいな重いものじゃなくても全然かまわない。とりあえず思いつくならそれでOKだ。

もし思いつくのであればそれだけで素晴らしいことだ。

 

私の友達に料理人がいるが「おいしい料理を提供してお客様の笑顔が見たいなんて一切思わない」と言っていた。しかし、「ここで一生働いて、家族にいい服着せて、いい飯食わせて、あったかい布団で寝させられたらそれでいい」とも言っていた。

そいつは人生に飽きたなんて言わないし、趣味や遊びや好きな酒を飲んで楽しんでいる。

つまり、ある行動に対する使命感なんて、自分に都合の良い理由をつければいくらでもあるということになる。しかも、この友達のように、その使命感をはっきり述べて自分を肯定できるくらい自信を持てば、それだけで人生は楽しくなる。やりがいが出てくる。

 

逆に、「こんなことやっても意味がない」と思いながら月収100万稼いでいる知人がいる。ブロガーなんだけど、毎日同じような記事を書いて、アフィリエイトリンクを貼り、それで稼いでいる。

本当に意味がないだろうか。その人の紹介を受けて商品を買って価値を受け取った人が無数にいることに気づいていないだけじゃないだろうか。ブログにコメントがつかなくても、感謝状が自宅に届かなくても、誰かが喜んでいるだろう。

または、その人が100万円を稼ぐことで、両親や親戚、周りの人が確実に幸せになっているはずだ。

理由はなんでもいいから、今自分がやっていることに意味がないなんて思ってはいけない。小さなことでも自分にとっての使命感につながるものを見つけたら、「よくやってる!」と褒め称えてみてはどうだろうか。

 

もちろん、本当に何も感じられないのであれば次のステップに進むときかもしれない。それは意味がなかったのではなく、できることが増えて成長しただけだ。外でも散歩して、刺激を受けながら、さらに強い使命感を見つけてそれに取り組めばいい。取り組み始めたら、その使命感を大事にして、自分に優しく、ノリノリで前に進んでいこう。

 

まとめ

人生に飽きるのは、「自分に厳しく、謙虚に、控えめであるべき」という思い込みからくる使命感の欠如が原因だ。時には自分に優しく、小さな思いや、善意や、周囲への影響を意図的に褒め称えることで行動力へとつなげていこう。

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール