起業

マネをするから稼げない!独自性を出して利益を独占、市場に最適化された新たな選択肢を作る方法

今回は商品開発の話で、かなり重要です。

「○○が儲かってるから自分もやる」って考え方でビジネスを始める人は多いんですが、それで稼げるようになる人はほんのわずか。

なので、他の人とは違うビジネスを立ち上げて、独占的に利益を獲得できるようなやり方をお話していきます。

独自性を出して利益を独占するための動画↓

本文は以下から↓

なんで真似すると稼げないのか

商品やサービス、動画やブログも含めて、誰かのマネをしてある市場に参加すると稼げない理由を解説します。

 

まず登場人物は3人。

  1. 自分
  2. 競合他社
  3. お客さん

あなたがもし、競合他社のマネをした場合に、この三人に起こることや気持ちを考えて見ましょう。

 

マネッコビジネスにおける登場人物の心情

まずは自分。

代わり映えのしない商品を持って市場に入りますから、供給を増やしたことになります。

後発組ですから、シェアを取るために頑張らないといけませんね。

お客さんの人数や需要は変わりませんから、価格競争や技術競争が起こります。

つまり、戦う前提です。

どちらかが倒れるまで、戦うことがメインの仕事になります。

 

価格が下落していくので、利益は減りやすいですね。

競合との戦いなので、広告費や、集客するための労力が半端なくかかります。利益は減っていきます。

ビジネスは衰退するのが普通ですから、はじめからいる競合よりも短い期間しか稼げません。

あんまりうれしくないですね。

 

次に競合他社。

供給を増やされたので、面白くないですね。

新たな敵が登場しただけで、市場が広がっているわけでもないので利益は減るだけです。

まったく嬉しくないですね。

 

次にお客さん。

同じ商品が増えただけなので、別にどうでもいいですね。

価格競争が起きたので、ちょっとうれしいですね。

でも、どちらかが潰れるか弱くなるので、価格はもとに戻りますから、別にどうでもいいですね。

生活に大きな変化はありませんね。

…べつにどうでもいいですね(笑)

 

つまり、誰も嬉しくない。

なんなら、自分すら嬉しく無い。

そんなビジネスはやる必要ありません。

 

○○が儲かってるから自分もやる⇨儲からないからやめておけ

こんな感じで、基本的には商品が同じだと価格競争や技術競争で戦うことになり、利益は少なくなっていきます。

さらに、先発組に勝てる可能性は、一般的には低い。だから、戦いは過酷になります。

もともと、○○が儲かっているから、という楽に稼げるんじゃないかという思いで参加したにも関わらず、あなたが参入したことで難易度が上がっています。

そんなジレンマがあるので、マネをしても稼ぎにくいわけです。

 

 

市場に新しい選択肢を増やし、利益を独占する方法

では、どうしたらいいか。

結論から言うと、

その市場に、お客さんにとってプラスになる選択肢を増やしてあげる

これが最高のビジネスの立ち上げ方です。

 

細部に最適化された新しい選択肢の作り方

具体的にどうやればいいかというと、まずは動きが止まっている市場を見つけてください。

なんかみんなが同じことやってるな〜って感じの業界です。

価格競争が起きていて、同じような店が多い市場ですね。

 

次に、お客さんが抱えている悩みや欲求を一部分だけ取り上げます。

美容室なら、カラーリング、パーマ、カットなど色々メニューがありますが、その中の1つにフォーカスするってことです。

ここで、他の人がやっていない部分に集中できれば、戦いにはなりません。

 

そして、その一部分に最適化した商品を作ります。

最適化というのは、それだけに特化するということです。専門的になるってことですね。

 

これが基本的な流れです。

こうすれば、お客さんにとって新しい選択肢が増えます。

 

「あなたが最適化するべきこと」がある!

さて、こんどはあなたがやるべきことを決めます。

何を最適化すれば儲かるか、と考えると失敗するので、あなたが最適化すべきことは何なのか?あなたの人生を使ってやるべきことは何か?と考えていきましょう。

 

やり方は簡単で、

今までの人生で、感情が大きく揺れた瞬間を思い出す

これだけで良いです。

 

感情が大きく揺れた瞬間は、笑い、喜び、悲しみ、苦しみ、何でもOKです。

これが具体的に、詳細に思い出してください。

 

そして、プラスの感情であれば、お客さんにも同じように感じてもらえるような商品を考えれば、お客さんはめちゃくちゃ喜んでくれます。

逆に、マイナスの感情であれば、その状態から抜け出すことができるような商品を考えれば、お客さんはめちゃくちゃ喜んでくれます。

 

感情が大きく揺れる瞬間=独自性が高くユニーク!

泣いてしまうくらい感情が大きく揺れる瞬間って、そうそう無いですよね?

毎日泣くくらい笑って、毎日泣くほど喜べることが起こって、毎日泣くくらい悲しいことが起こって、毎日泣くくらい辛い状態の人ってほぼいません。

 

つまり、その瞬間ってそれだけで超ユニークです。

その感情を引き出してあげる、もしくは解決解消してあげるような商品やサービスを作ったら、真似できる人はそうそういません。

だから、競合と戦うことなく、利益を独占することができます。

しかも感情を基点にした商品だから、まったく需要がないなんてこともありません。

 

あなたが経験したことを詳細に書き出す

そんな瞬間を思い出すことができたら、超詳細に記録しておきましょう。

紙に書いたりしておくだけでOKです。

  • 何が起きた?
  • そこに至るまでの経緯は?
  • 登場人物は?
  • 場所は?
  • 朝?昼?夜?
  • 天気は?温度は?

こうした詳細が、あなたのビジネスをユニークにしてくれます。

 

そして、この背景やストーリーは、お客さんに商品の魅力を説明するために使うこともできます。

ストーリーを利用したコピーライティングは定石ですよね。

つまり、超効果的なコピーライティングが、あなたの人生の中にすでにあるということなんです。

ここまでやればビジネスの準備はほぼ整ったと言っても過言ではありません。

 

まとめ

商品を作る時に何をすればいいのか、まとめておきます。

  1. 自分にとって興味があって、仕事にしたいことを決める
  2. そのテーマに関係のある、今までの人生で感情が大きく揺れた瞬間を思い出す
  3. その瞬間における、シチュエーションや背景ストーリーを詳細に言葉で記録する
  4. プラスの感情ならお客さんにも同じ感情になってもらえる商品を考える
  5. マイナスの感情ならお客さんがその状況から抜け出せる商品を考える

この工程をたどると、自然にユニークな商品ができあがります。

もともと、その市場において何かを感じたって経験を基点に商品を考えているので、細部に対する思い出になっているはず。だから商品も細部に最適化することに自然となります。

そして、感情が大きく揺れる瞬間は超レアなので、その感情を再現したり、そこから抜け出す手助けをする商品もレアになります。つまり独自性があるということですね。

 

商品のコンセプトや概要はこれで決まるはずです。

あとは、しっかり利益がでるように最低限のマーケティングの知識を使って集客をしたり、検証をしていくことで安全に経営をすすめる事ができます。

 

ただし、ビジネスは衰退するものです。

あなたもマネをされるし、新しい技術による大きな変化が市場に生まれると、その市場は衰退していきます。

そうなったら、またここに戻ってきて、新しいビジネスを立ち上げるだけです。

上の動画では、ティッシュの業界に新しい風を吹き込む事例とか、私がやってるビジネスの事例なんかを解説しているので良かったら見てください。

 

次回は、ビジネスの衰退と対処法について解説予定です!

それでは〜

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール
知識0・スキル0・やる気0からの独立起業チャンネルはじめました↓

知識0、スキル0、やる気0の状態から独立起業するために有効な情報だけまとめて動画配信している「ゼロから始める!!おひとり様ビジネス」という会員限定サイトを運営しています。

YouTubeで他の動画のお試し版を配信しているのでそちらもどうぞ⇨ゼロから始める!!おひとり様ビジネス(YouTubeへ)