その他

ゲーム実況のブログでアクセス集めて本を販売した手順

SLOPPY GAMESというブログを運営してまして、そこではゲーム実況のやり方をけっこう深めの知識でコンテンツ化してます。

記事数は100ちょっと入れておいて、アクセスは毎月5万ユニークアクセス程度でしょうか、そこそこ程度のブログでございます。

当初はYouTubeで運営している同名のSLOPPY GAMESの視聴者集めとしてブログを運営していましたが、どうにも視聴者が増えない。面白くないと言われたらそれまでなんだけど(笑)

効果が薄いので、じゃあマネタイズをコンテンツに寄せて「本の販売」にずらしてみた。販売開始してさきほど1冊目(2480円)がPAYPAL経由で売れたのでその手順を紹介してみたいと思う。

 

☆自己紹介☆⇒はじめまして、ツカです。
「結果」が出るまで継続する人を量産中!
詳細はこちら→プロフィール

ブログ作りから書籍販売までの手順

せっかくブロガー的なブログ(?)を立ち上げたので、私のブログの作り方について語り散らしたいと思う。

 

ゲーム実況環境構築ブログができるまで

以前はキーワード重視で選定してブログを作っていたんだけど、「今自分の中でホットじゃない話を記事にする」のがクソほどつまらないので、そういう作業的なやり方は今はやめてます。

とにかく自分でやってみて、気づいたこと、驚いたことから書いていきます。「こんなんあったのかよ!」「おう、これ楽じゃんかー!」の高テンションを持っているとき「ねぇねぇ聞いて」ってノリでブログを書きます。

ネットで調べながら実践していると、わかりにくいこととか、情報が欠けていることが意外と多いことに気づきます。やったことある人ならわかるはず。

ゲーム実況の環境づくりをネットで調べながら進めて、ネットでわかりにくかったこととか、ネット上に無かった情報を記事にするので、結果的に価値のある記事が量産できます。

タイトルは検索を意識します。自分と同じ悩みを持つ人がどんなキーワードで検索するか。極論、自分がどんなキーワードで検索したかってのが重要です。それを記事タイトルに入れます。

 

この方法でブログに20~30ほど記事を入れると、アクセス稼いでくれる記事が出てきます。ここまで来たらお問合せを設置したり、コメントに答えたりしつつ、その内容をブログ記事としてUPします。

固定ページとかにまとめておけば、ブログ内を周遊してくれてその他の記事も上位表示されるようになると。

こんな感じです。

 

ブログ書くなら実践しながらが一番です。ネットの弱みを体で感じることができるので、そこに記事を突っ込むだけです^^

こうして、ゲーム実況の環境構築に悩む人々が集まるブログが出来上がりました。

 

YouTubeへの導線失敗

このブログからYouTubeチャンネルへ導線を引きましたが、あまり良い効果は得られませんでした。

理由としては読者が、

・すでにゲーム実況の存在を知っている
・自分が実況しようと思っている
・面白い実況動画を探しているわけじゃない
・どっちかっていうと敵対心あり(笑)

という属性だったからでしょう。書く記事の内容ミスった、てへ。って感じですね。

 

というわけで、コンバージョン先を変えてしまおうという結論に至りました。

 

書籍『はじめてのゲーム実況!』の販売

ゲーム実況の環境構築がしたい人が集まっているんだから、ゲーム実況の環境構築の参考書を作ろう!ということで、ブログの内容にいろいろ肉付けして、ちょっと教えたくないことまで盛り込んで書籍化しました。

ブログで100記事書いたくらいなので、内容やボリュームは十分。執筆に2週間画像づくりやいろいろやるのに2週間、計1か月で完成しました。

売りとしては、電子書籍でダウンロード形式なので、常に最新情報であることが1つ。あと検索上位狙う必要がないので、文字数少なくコンパクトで分かりやすい!といったところです。

 

販売ページを作成し、すべての記事に広告として表示されるようにして導線設置完了。先ほど1冊目が売れました。

すでにブログにお客さんが集まっていて、彼らがほしいものを作り販売していますので、売れます。出版社などを通していませんので、2480円からpaypalの手数料が引かれて1冊あたり2351円の利益です。

同じカテゴリーで100記事以上書けるなら、ブロガーは本を書くべきだと思います。1つの収入源として。

私が書いたゲーム実況の参考書はこちら

 

経営を数字で管理してみる

今後、どんな売れ行きになるかはまだわかりませんが、経営するにあたって見ている数字は以下の3つです。

①ブログのユニークアクセス数
②販売ページへの移行率(%)
③販売への移行率(%)

つまり、

①ブログに50000人来る
②2%が販売ページを見る
→1000人が販売ページを見る
③1%が本を買う
→本が毎月10冊売れる

という感じです。

①か②か③の数値を上げれば上げるほど売り上げが伸びます。

書籍を販売することを目標にするのであれば、ゲーム実況環境構築の記事以外にも、ゲームの攻略記事などを追加していき、①のアクセス数を伸ばすことができます。ゲーム関連ならまだ10倍くらいの伸びしろはあるでしょう。

②は記事に貼り付けた書籍の広告や、文章の改善によって販売ページへのアクセス移行率を増やすことができます。ただ、記事の内容を広げることで下がる可能性もあります。2%なら良い感じでしょう。

③は高額商品じゃないので、販売ページが長すぎるのも良くないし、ちょっと難しいところですね。改善させれば2%くらいまでは上がるでしょうか。

 

というわけで頑張れば、

①ブログに500000人来る
②2%が販売ページを見る
→10000人が販売ページを見る
③2%が本を買う
→本が毎月200冊売れる

1冊あたり2315円の利益なので、毎月463000円の利益が出る計算になります。

そこまでいくのに1年くらいかかりそうかな?

 

重要なのはこの利益ではなくて、書籍は最新情報に更新されたらメールで通知します。つまり、メールアドレスをリスト化しているということです。

売り上げ+1リスト獲得なので、次の商品の告知などもできる環境が整っていきます。新商品を使ってみて、良いものを見つけたらリンク付きでこれおすすめです、と伝えれば購入された分報酬も入るでしょう。

 

ブログで収益を上げるのは難しくない。大変なだけ

上記の通り、ブログで稼ぐのは難しいことではないです。作業量が多くて大変なだけ。

ただ、その大変な部分を自分がやりたいことに置き換えればそこまで大変じゃなくなります。さらに、キーワード選定とかくだらないことやってないで、読者に教えたいこと、読者が喜んでくれそうなことを書いていれば自然にアクセスが集まります。

商品なんて後からでOKです。集客ができてから、彼らが何を欲しているのか考えて商品を作りましょう。アフィリエイトでもなんでもOKです。読者にとってプラスになるものを紹介するだけです。

売るものが無いなら情報だけを発信して読者を喜ばせましょう。

私の師匠が言っていたのですが「マネタイズは後にずらすほど良い」です。売ることを先に考えずに、信頼や感謝をもらえるような行動をし続け、タイミングが良いときに商品を紹介するだけです。タイミングが無ければ物を売る必要はありません。良いものだけ、良いときに。

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール