成長

「本を読まないやつは猿だ!」と社長が言ってた意味がやっとわかった

25歳のとき、当時六本木のベンチャーIT企業で働いてました頃。

もともと起業に興味があって、社長がいるとくっついて話をさせてもらってたんです。

色々学ばせてもらってましたが、その中でも一番インパクトの強い言葉がこれ。

「本を読まないやつは猿だ」

今でこそ1日3冊以上本を読んでますが、活字嫌いだった私はその言葉を聞き流しました(笑)

関連動画は以下、本文はその下から始まります

この動画の続きはこちら⇨https://biz-from-zero.com/?p=140

ここから下はブログ本文です↓

知識を大量にインプットしないといけない本当の理由

本を読むのって、まぁめんどくいっすよね。

1日に本を読むペースは、平均で400〜600文字毎分。

つまり、1分1ページ程度。

300ページの本を読むのに5時間です。

1日30分本を読んだら10日かかる。

1冊の本にそんなに付き合ってられるか!って思ってました。

 

年間だと、人は約13冊の本を読むらしいですが、ぶっちゃけ少なすぎて焼け石に水なんですよ。

そんな知識量じゃ人生は変わりません。

 

ある結果を出すために有効な知識は複数…ってかいっぱいある

とりあえず、本を大量に読む方法は後回しにして…なんでそんなに知識を得ないといけないのかって話をしておきます。

 

まず、知識はほしい結果を出したり、解決策や課題を見つけるために必要です。それを見つけるために学びます。

だけど、ある1つの結果を出すために有効だと言われている知識は複数あります。

本屋に行くと「集客」に関する本がいっぱいありますよね。同じ集客を目的にしているのに、大量にやり方があるということです。

 

なんでこんなことが起きてるのかというと、人によって必要な知識、合う知識が違うからなんです。

AさんにはXという集客方法が大きく効果を出して、BさんにはYという集客方法が大きく効果を出す。

でも、AさんもBさんも、集客を成功させるという同じ目的で本を読む。

知識ってそんな感じです。

 

超大きな問題は、自分に必要な知識がどれか調べる方法がないこと

問題は、自分にとって効果のある知識がどれなのかは、事前にわからないことです。

学んで、実践してみて、ちょっと時間が経ってからじゃないと、その知識が自分にとって必要なものだったかどうかはわからない。

 

だから、大量に学ばないといけないんです。

しかも実践しないといけない。

面倒ですけど、それを解決する手段は今のところ無い。

※今後、自分の人生や現状を記録できるようになって、AIが必要な知識を提供してくれる時代になるとは思いますよ^^

 

つまり、知識を学ぶというのは宝探しみたいなものなんですね。

今の自分に合った知識を見つけたら勝ち。するすると結果が出てくるようになります。

 

宝を見つけるためには、無駄な知識を大量に試していかないといけないんです。

まぁいつか役に立つことがあるかもしれませんが、基本的には今の悩みや課題がクリアできないと無駄ですよね。

 

なぜ僕らは、学ぼうとしないのか

単純に、私達は楽をするのが好きです。

1人の尊敬できる人を見つけたら、その人から出てくる情報を追いかけて、それだけが正解かのように振る舞う。

他の意見が出てこようものなら否定すらします。

 

1冊の感動できる本を見つけたら、これは私のバイブルだ!とそのとおりに行動しようとします。

しかし、感動したのは2章の後半の3行くらいで、自分にとって有効な知識はそこだけだったり。

情報源を1つに絞って崇拝するのはとにかく楽です。だから、何かにすがろうとする、そしてほしい結果は永遠に出ない。

 

人にすがるな、知識にすがれ

人や本(著者)に感動し、崇拝して、情報源を絞ると、有効な知識以外も真似しようとします。

ビジネスなんかではよく起こリますよね。

すごく大きな結果を出している人を見ると「その人と同じことをすれば、同じ結果が得られる!」と考えてしまう状態。

 

しかし、その人のマーケティングについて学ぶことは合っても、商品の作り方は自分にあっていなかったりすることがほとんどですね。

あんまり納得できていないやり方なのに「結果を出すために…!」と同じやり方でゴリおそうとします。

もちろん、納得できていなかったら行動量が足りなくなるので、同じ結果が出てきません。

結果が出ないと「なんだよ、あいつと同じことしてもダメじゃん!」と崇拝していた人を今度は嫌いになるわけです(笑)面白いですね。

 

人にすがってもいいことはありません。

ある一部分の知識が自分に合っていることがあっても、全部が同じで上手くいくことなんてそうそう無いです。

すがるべきは知識です。小さな一部分を切り取って、自分に合うものだけ取り入れる。

 

情報源は広く、知識の知識を漁る

だから、情報源は常に広くしておきましょう。

1人から学ぶのではなく、100人から学びましょう。

まずは、浅く広く学ぶことで、どんな種類の知識があるのかを把握してください。

知識のための知識ですね。

 

そして、自分に合うものからどんどん取り入れて実践して、結果がでるものだけ集めてください。

それを続けることで、自分だけの人生攻略本が出来上がっていきます。

その攻略本はあなただけにカスタマイズされているので、他の人が使っても上手く行きません。

本当にあなただけのやり方です。

 

本を読まないやつは猿だ

小さくまとまって知識を仕入れていてもダメです。

自分にあった知識に出会わないと、ほしい結果は出ません。

だから、広くひろーく知識を集めてください。

 

自分にあった知識に出会えないからと言って、結果が出る前に諦めたり、学ぶことをやめてしまったら猿のままです。

結果がでなければ何も学ばなかったと同じです。

何も学ばなければ、人間はほぼ猿です(笑)

 

大量に知識をインプットする方法

なので、本はじっくり読まないようにしましょう。

表紙と目次を読んで、自分の知らない知識を積極的に仕入れていきます。

文章は、「つまり」とか「要するに」と書いてある部分や、まとめが書いてある部分だけ読みます。

まとめが分かりづらかったときだけ、本文をじっくり読んでください。

 

どんなに偉い人が書いた本でも、すでに知っている知識しかのっていない本はすぐに捨てましょう。

「共感できる!」とか言って、同じ意見の人の本をダラダラ読んでも意味がないです。自分の知らないこと、違う意見を持った人の知識をインプットしましょう。

 

ちなみに、本は読めば読むほど、読むスピードが早くなります。

知ってることが多くなるので、ぶっ飛ばして読めるからです。

つまり「すらすら読める!」「一気に読めました!」って場合、それは知ってる知識だからだよってことです。

そんな本は読まずに、ちょっと難しくて、知らないことが書いてある本を選んで読みましょう。

 

読むべき箇所が大量にある本に出会ったら焦るな

まだ知識が少なかったり、新たな視点で書かれている本に出会ったらじっくり読みましょう。

そういう本は、読むペースを落とすほど理解力が増します。

焦ってはいけません。

 

1日10ページ読めたら最高です。

500ページの本なら2ヶ月かけて読んでください。

たった2ヶ月でものすごく大きな力になると思えば、短期間だと言えるでしょう。

ちゃんと知識を選り分けて、自分にとって知らないことで、新たな視点が書かれた本を選んでいれば、時間をかけても良いわけですね。

 

そうやって知識を広げていけば、自分に合った知識に出会う確率も高くなっていきます。

それはつまり、ビジネスで成功する確率が上がっていくということです。

ぜひ本を読んで、大量の知識をつけてくださいね。

ABOUT ME
ツカ
1987年6月生まれ、東京出身。福島大学-音楽科に特待生(学費半額)で入学するも2年目で中退。その後、IT系に特別報酬付きで就職するも退社。せどり始める(笑)ここで一応の独立。自立はするも伸び悩みを感じブログマーケティングを学び、同時に雇用のやり方も勉強し、せどりを組織化することで自動化成功。運送業を始める。ブログホームページで集客から販売までを自動化し、雇用による組織化で運送業も完全自動化成功。リアルビジネス+ブログマーケティング+組織で事業を自動化するのが得意です。→プロフィール
知識0・スキル0・やる気0からの独立起業チャンネルはじめました↓

知識0、スキル0、やる気0の状態から独立起業するために有効な情報だけまとめて動画配信している「ゼロから始める!!おひとり様ビジネス」という会員限定サイトを運営しています。

YouTubeで他の動画のお試し版を配信しているのでそちらもどうぞ⇨ゼロから始める!!おひとり様ビジネス(YouTubeへ)